大阪☆春夏秋冬[ライブレポート]1年3ヵ月振りの大阪ワンマンでAL『BRAVE SOULS』全曲パフォーマンス!「私たちはやっぱりライブがあってこそ」

©JAPAN MUSIC NETWORK, Inc.

大阪☆春夏秋冬[ライブレポート]1年3ヵ月振りの大阪ワンマンでAL『BRAVE SOULS』全曲パフォーマンス!「私たちはやっぱりライブがあってこそ」

大阪☆春夏秋冬が、9月27日(日)に大阪のumeda TRADにて、新春の東京公演以来約9ヵ月振りのワンマンライブを開催した。ライブは2部制で、1部(昼公演)はゲストに我儘ラキアを迎えての対バン形式の有観客ライブ、2部(夜公演)はワンマンでの有観客・配信ライブとして実施。地元・大阪でのワンマンが2019年の6月末以来1年3ヵ月振りということもあってか、密にならないように設定された所定の席数は早々にソールドアウトした。特に<完全版 BRAVE SOULS -Re Start->と題して、7月にCDリリースした最新アルバム『BRAVE SOULS』収録の全10曲を1曲目から順に全曲パフォーマンスするという趣向で行なわれた2部は、ステージ初披露のハードなパンクチューン「AxMxMxRx to The End」、「Start Over」、「Get up for your right」の3曲に引っ張られる形でグループ史上最もロック色の強いステージになった。本記事では、その2部のオフィシャルレポートをお届けする。

【画像はこちら】

18時30分を回った頃、大阪☆春夏秋冬が自ら作ったというSEとアナウンスが流れ、メンバーがステージに登場。1曲目から観客は総立ちで、感染症対策で声は出せないものの拍手や手拍子、手振りなどで応えていく。

最初のMCでは、コロナ禍を乗り越えての久しぶりのワンマンということで感極まっているメンバーもいたが、話すにつれてやがていつものように明るく笑いを取っていく。

「BABY CRAZY」では、開場前に客席に配布したメンバー手作りの旗を用いて観客を交えたパフォーマンスを展開。その後メインMCのEONに対して、ほかのメンバー全員がその旗でドッキリを仕掛けるという手の込んだ手法でオーディエンスを笑いの渦に巻き込んでいく。

そうした硬軟織り交ぜたステージングは彼女たちの真骨頂だ。最新アルバムの収録曲だけではなく、久しぶりにパフォーマンスするという初期の楽曲や定番曲も散りばめられた約1時間40分の濃厚な時間は、あっという間に過ぎていった。

<完全版 BRAVE SOULS -Re Start->大阪umeda TRAD(2020年9月27日)
<完全版 BRAVE SOULS -Re Start->大阪umeda TRAD(2020年9月27日)

途中のMCでは、“サブスクやCDも大事だけど、私たちはやっぱりライブがあってこそ”という趣旨の発言があったのだが、この日の彼女たちの白熱のライブは、まさにその言葉を体現するものであった。

今後、大阪☆春夏秋冬は、10月8日に東京・新宿BLAZEにてワンマンライブを実施、10月10日、11日に大阪・万博記念公園で開催される一大イベント<大阪文化芸術フェス presents OSAKA GENKi PARK>に出演(11日に出演)するほか、11月15日にはumeda TRADで再び対バン&ワンマンの1日2公演が決定。対バンには、大阪出身のロックバンド愛はズボーンが登場する。

<完全版 BRAVE SOULS -Re Start->大阪umeda TRAD(2020年9月27日)
<完全版 BRAVE SOULS -Re Start->大阪umeda TRAD(2020年9月27日)

ワンマンライブ<NOW REMIX -SSFW->

日程:10月8日(木)

会場:新宿BLAZE

時間:18:00開場 / 19:00開演

料金:Sチケット(最前列)¥5,000 / A一般チケット ¥4,000 (全席指定/入場時別途ドリンク代)

<大阪文化芸術FES presents OSAKA GENKi PARK>

日程:10月11日(日) ※イベントは10月10日、10月11日の2日間開催

会場:大阪・万博記念公園

時間:開場 9:00 / 開演 11:00

※大阪☆春夏秋冬の出演はお祭り広場 GENKi STAGEで11:30~予定。

料金:1DAYチケット ¥7,000(税込 / 万博記念公園入園料込)

親子チケット ¥14,000(2名分の公園入園料込み / シート付き)