会食を主催!? 阪神・福留孝介、コロナのクラスタ発生で立場と次期監督の座が一気に危うく

©株式会社サイゾー

何とも不名誉な記録をまたしても作り上げた。

プロ野球の阪神タイガースに所属する7名の選手、関係者が新型コロナウイルスに感染したことが25日に判明。しかも、判明直前に名古屋市内にて“球団公認”で会食していたという。

日頃より会食による感染リスクが叫ばれるなか、強靭な肉体を持つプロアスリートでさえ、次々と感染していることが判明した格好だが、同日に分かったのはレギュラークラスの糸原健斗キャプテンのほか、投手や内野手5名。さらに球団関係者2名の合計7名。夜には谷本修球団本部長が会見で「私の判断がミスジャッジということで深く反省しております」と球団幹部が謝罪する事態に発展した。

だが、問題はまだ終わっていない。感染こそ今のところ免れているが、球団が濃厚接触者と同じ扱いをした選手の中に福留孝介選手がいたことだ。

福留は現在、プロ野球界最年長選手。今年は思うような成績を上げられずベンチを温める日が増えている。一方で、選手の立場ながら若手への的確な助言、指導は好評価を得ており「次期監督の座は福留で決まりとの声が多い」(プロ野球OB)と言われているほど。

ところが、今回感染した選手が参加していた会食のうち、8名が集まった会食を“主催”していた可能性が高いのだ。

「球団が示したルールでは4名以上で会食しないことが盛り込まれていたのに、模範となるはずの福留が破っていたことが発覚。これでは、信用も何もあったもんじゃない。立場的にも今年限りで引退を迫られている状況ですが、行動を見ているとまだ選手を続けたい風に見える。ただ、この状況では次期監督はおろか即、首を切られて指導者の座は無くなる可能性が強まっている」(前出の関係者)

立場が一気に追い込まれた福留。数年前にはキャンプ地の沖縄での不倫が週刊誌に報じられ火消しに走ったことは記憶に新しい。だが、今度ばかりは言い逃れのできない特大エラーを犯したことだけは間違いないだろう。