ホンダ、北京モーターショーでEVのSUV量産モデルを示唆するコンセプト発表

©株式会社エコノミックニュース

 ホンダは、中国・北京で開催中の2020年「北京モーターショー」において、中国で初となるホンダブランド電気自動車(EV)の将来の量産方向性を示すコンセプトモデル「Honda SUV e:concept(ホンダ・エスユーブイ・イーコンセプト)」を世界初公開した。

 なお、北京ショー、正式名称「第16回北京国際汽車展覧会」は、プレスデーが9月26日~27日、トレードデーが9月28日~29日、一般公開日が9月30日~10月5日となっているモーターショーで、各国の自動車関連イベントがコロナ禍の影響で中止になるなか、唯一開催された大規模なモーターショーである。中国政府が自慢気にコメントしたように、今年最大級のモーターショーだといえる。

 ホンダは、このe:conceptのほかに四輪ブースで、中国ホンダとして初となるプラグインハイブリッド搭載モデル「CR-V PHEV」をはじめ、電動化モデルを中心とした各種量産車や、中国で年内の実証実験開始を予定している次世代の安全運転支援システム「全方位ADAS」(Advanced Driver Assistance System)の技術訴求展示などを出展した。

 同社は、グローバル2030年ビジョンに基づき、将来に向けたコンセプトを具現化することで、カーボンフリーや事故ゼロ社会の実現を加速させるとしている。

 Honda SUV e:conceptは、中国で初となるホンダブランドEVの将来の量産方向性を示すコンセプトモデルだ。次世代の「Honda SENSING(ホンダ センシング)」として、認識・予測・判断性能を向上させた安全運転支援システム「全方位ADAS」の搭載や、先進のコネクティビティによるAIアシストインターフェースやスマホ連携、無線ネットワークによるアップデート機能を備えた次世代の「Honda CONNECT」により、常に新鮮でFUNに溢れるモビリティ価値を提供する量産車を目指して開発を進めている。

「Honda SENSING(ホンダ・センシング)」の次世代進化として、ワイド化されたフロントカメラと360度レーダーが車両の周辺状況をより高度に検知することで、認識・予測・判断性能が向上。高速道や一般道などにおいて、複雑かつさまざまな走行状況に対して安全運転支援を行うシステムとなる。

 ホンダは、道を使うだれもが安全でいられる「事故に遭わない社会」の実現に向けた「Safety for Everyone」という安全思想のもと、事故ゼロ社会の早期実現を目指して、中国における実証実験の年内開始を予定している。(編集担当:吉田恒)

ホンダが開催中の「北京モーターショー」において提示した、将来のEV・SUV量産方向性を示すコンセプトモデル「Honda SUV e:concept」