Da-iCEの新曲「CITRUS」が「極主夫道」の主題歌に決定!

©株式会社東京ニュース通信社

5人組ダンス&ボーカルグループ・Da-iCEの新曲「CITRUS (シトラス)」が、日本テレビ系で10月11日にスタートする、玉木宏主演の連続ドラマ「極主夫道」(日曜午後10:30=読売テレビ制作)の主題歌に決定した。

ドラマは、おおのこうすけ氏による話題の同名コミックを映像化したもの。裏社会に数々の伝説を残した最凶の極道、“不死身の龍”こと龍(玉木)が極道から足を洗い、選んだ道はなんと専業主夫。主夫力が高すぎる龍が、世の中と仁義を斬りまくる任侠ヒューマンコメディーだ。龍の妻でキャリアウーマンの美久を川口春奈、龍の弟分・雅を志尊淳が演じる。

今回のドラマのために書き下ろされた「CITRUS」は、ドラマタイトル「極主夫道」にも通ずる、「自分が信じた道を極める」ことの大切さや決意を、魂を込めてエモーショナルに歌ったロックバラードで、Da-iCEとしても初の“エモロック”に挑戦したシングルとなっている。

Da-iCEの工藤大輝は 「僕たちの掲げるテーマとドラマの世界観がリンクするように書き下ろさせていただいたので、いろんな視点から楽しんでいただけたら幸いです」と語り、花村想太は 「作詞させていただく際にドラマの世界観や楽曲に合った歌詞を書けるよう何度も原作や台本を見直しましたが、そのたび笑いもありカッコ良さもあり、ヒヤヒヤもありで心が落ちつかなかったです」と作品の魅力を伝える。

さらに、大野雄大は「ドラマを見られる方がより一層作品に入り込めて、その中で主題歌もいいなと思ってもらえるよう、魂を込めて歌った楽曲になっていますので、楽しみにしていてください」と呼びかけ、岩岡徹は「微力ながら皆様にこのドラマをより楽しんでいただけるスパイスの一つに『CITRUS』がなれたらと思います。ハートフルコメディーということで、日曜夜が今から楽しみで仕方ないです」と期待。そして、和田颯は「今回の楽曲『CITRUS』はドラマ『極主夫道』の世界感とDa-iCEの色が奇麗に魅せれていると思うので、ドラマと共に楽曲も楽しんでいただけたらうれしいです」とアピールしている。

また、作品のメインビジュアルが解禁! お玉とフライ返しを持って、ばしっと表情を決め込んでいる龍と、そんな龍の頬を指でつつきながら笑顔の美久。劇中での2人の関係性が想像できるビジュアルだ。その一方、雅は、お掃除用具を持って構えているが、その腕前も気になるところだ。

そして、レギュラー出演者も一斉解禁され、菊次郎(竹中直人)が会長を務める「天雀会」と敵対関係にある「大城山組」の組長・大城山國光役に橋本じゅんが決定。龍が暮らす火竜町・婦人会の会長・田中和子役をMEGUMI、その婦人会のメンバーの1人・太田佳世を田中道子が演じる。さらに、交番勤務の警察官・酒井(古川雄大)の先輩である佐渡島役を安井順平、大城山組の組員として井田昇役を中川大輔、岡野純役を片岡久迪が務める。また、ゆかり(玉城ティナ)のアルバイト先の喫茶店の店長・遠野誠役を水橋研二、龍が行きつけのスーパーの店長・三宅亮役を本多力、向日葵の同級生・立花ユキ役を新津ちせが担う。