川島海荷 × 白洲迅W主演「僕らは恋がヘタすぎる」にLil かんさい・嶋﨑斗亜らが出演!

©株式会社東京ニュース通信社

川島海荷と白洲迅がダブル主演する、恋に不器用な大人たちの“ヘタキュン”ラブストーリー「僕らは恋がヘタすぎる」が、ABCテレビで10月25日(日曜午後11:55)、テレビ神奈川で10月27日(火曜午後11:00)からスタートする。その新たなキャストとして塩野瑛久、浅川梨奈、関西ジャニーズJr.・Lil かんさいの嶋﨑斗亜の出演が発表となった。

塩野が演じるのは、白洲演じる成田洋介の友人である一之瀬歩。チャラさのある優しい人物だが、どこか距離を詰めさせてくれない壁のようなものをもっている。「歩は5人の中でも少し達観したような軽い印象を受けたのですが、誰よりも友達思いで自分の心に忠実な人間でもあるので、そのバランスや独特な雰囲気を自分なりに消化させました。いろいろな意味でドキドキするようなシーンもありますが、歩という人間がこの作品にとって重要な存在であると言っていただければ本望です」と自身の役柄について述べた。

川島演じる藤原花の小学生時代からの親友である片山みずきを演じるのが浅川梨奈。男性と真剣に付き合ったことがないセフレ体質なみずきは、イイ雰囲気になった男性から花を紹介してほしいと頼まれたことがあり、花に対して内心複雑な感情を抱いている。「みずきは、自分と似ている部分もあり、共感できるところもありました。素直だけども不器用で寂しがりやで自分に自信がなくて、愛されたいのに愛され方が分からない。きっと共感できる方も少なくないんじゃないかなと思います。みずきを通して、共感してくださる方の希望の一つになれたらうれしいです」とコメント。

嶋﨑が演じるのは、歩の弟・一之瀬奏多。「奏多はあまり気が強くなくて、でも負けず嫌いな子なのかな~と思ったのでしっかり特徴を捉えて原作のイメージとかけ離れないよう頑張ります!」と意欲をのぞかせる。また、「不器用な5人がヘタながらも恋愛に取り組む姿を客観的に応援する立場や、それぞれの人物の視点で見れるので、これだけでも5通りの見方があります! 楽しみ方はたくさんあるので、多くの方に見ていただきたいです」と呼びかけた。

また、新キャストに今回のドラマタイトルにちなんで、「あなたの“ヘタすぎること”を教えて下さい」と質問してみたところ、塩野は 「巻いたり包んだりする系の料理が1回も成功したことがありません。イライラしながらキッチンと向かい合っている自分がいます。助けてください」と返答。浅川は「この現場で言われて気付きましたが、歩くのがヘタです。私すごくよく転ぶんです(笑)。思い返してみたら、マネジャーさんにもよく『真っすぐ歩けないの?』と言われていました。気を付けているつもりなんですけど…」と告白した。そして嶋﨑は、「コメントがヘタすぎる!」と自嘲し、「このコメントは3時間くらいずっと考えてるんですけど、なかなか思いつかなくて、皆さんのインパクトに残るコメントができたらいいな~」と照れ笑いで応えた。

さらに本作では、花の会社の上司・浜野由梨役として野呂佳代、成田の元カノ・サエ役としてSKE48・大場美奈の出演も決定した。併せてドラマの主題歌が、阿部真央の「Be My Love」であることも発表となった。