大竹しのぶが竹内結子さんを追悼 「共演」振り返り「...そう言ってたよ、結子ちゃん」

©株式会社ジェイ・キャスト

大竹しのぶさん(2017年撮影)が竹内結子さんをインスタで追悼した。

女優の大竹しのぶさんが2020年9月28日、自身のインスタグラムで、27日に亡くなった女優の竹内結子さんを偲んだ。

大竹しのぶさんがインスタで紹介した、竹内結子さんとの「共演」作。

「ヨロコビがいなかったら世界はなくなってしまうよ」

大竹さんは、竹内さんとともに吹き替えを務めた2015年公開の映画「インサイドヘッド」の場面写真をアップし、「ヨロコビの声を担当したのが竹内結子ちゃんでした。私が、カナシミ担当でした」と当時を振り返った。

大竹さんは「弾けるような結子ちゃんのヨロコビの声、忘れられません」「私はヨロコビ!そう言ってたよ、結子ちゃん」「ヨロコビがいなかったら世界はなくなってしまうよ」「春馬くんとの芝居も約束通り観に来てくれたね」「私はヨロコビ!この声、絶対忘れないよ」など、まるで竹内さんに語り掛けるような長文で悼んだ。

コメント欄には、「しのぶさん お辛いですね。結子さんも春馬くんもとても素敵な俳優さん。どうか安らかに」「一緒にお仕事をされたお二人がこのような事になるなんて、しのぶさんの落ち込んだ姿が目に浮かびます」「元気を出して下さいね」など大竹さんを気遣う声が相次いでいる。