福岡女子の“ギリギリトーク”がさく裂! FBS人気深夜番組「クロ女子白書」いよいよ最終回

©株式会社東京ニュース通信社

「福岡女子を応援する」をコンセプトに2015年1月にスタートした「クロ女子白書」(FBS福岡放送)。福岡の一般女性の“黒い悩み”を、MCのパンクブーブー・黒瀬純、ナジャグランディーバと各回のゲストにぶっちゃけるという、女子会のようなトークバラエティーだ。深夜の放送ながらも人気を博した番組だが、このほど5年9カ月の歴史に幕を閉じることになった。有終の美を飾るべく、9月30日深夜0時54分からの最終回は、1時間のスペシャルでおくる。

最終回スペシャルは2本立て構成で放送する。第1部「駆け込みご新規女子会」のゲストは、原口あきまさ。番組終了を知り、慌てて応募してきた女子たちをスタジオに呼び、恋愛、結婚、出産などさまざまなテーマについてトークする。注目ポイントは、最終回にして“福岡女子”ではなく、まさかの大阪市在住の“大阪女子”の出演! あまりに深い悩みのため、出演が決定したという。時に真面目に、時に面白おかしく彼女に寄り添う。

第2部「伝説女子会」では、ゲストは呼ばず、過去番組に出演し話題を呼んだ女性たち4人を集めてトークを繰り広げる。見どころは出演してから、その後それぞれどんな人生を歩んだのか? 番組出演以降のさまざまな変化をそれぞれ披露する。

深夜ならではの女子の“ギリギリトーク”は、最終回も全開!

■黒瀬純 コメント
「僕にとっては生活の一部でした! 最初は3カ月で終わると言われていたのに気がつけば5年以上もやって、視聴率もいまだに好調な番組にまでなりました! なのに終わるなんて。これはもうコロナのせいです! 番組に出てくれた福岡女子、僕が何を言っても笑ってくれた心と体が大きいナジャさん、そしてこんな類を見ないトーク番組をやってくれたクロ女子スタッフの皆様とFBSさん! ありがとうございました! またいつか復活できることを願ってます!」

■ナジャグランディーバ コメント
「クロ女子白書と私は4年間のお付き合いでした。こんなに突然終わりが訪れるなんて…さりげなく助け船を出してくれるMC黒瀬純の優しさ、多彩なゲスト、そして何より包み隠さず赤裸々に話してくれた福岡女子、ありがとう! どなたかの力添えでこの愛が再燃したら素敵ね♡」

■番組担当プロデューサー コメント
「5年9カ月の間に出演してくれた福岡女子は400人以上。その中から、番組スタッフそれぞれが特に印象に残った福岡女子を挙げるところから作業が始まったので、出演候補としては当初この数倍の人数でした。その後、候補の皆さん全員に連絡を取ると、ありがたいことにほぼ全ての方が二つ返事で出演を快諾して、楽しげに当時の思い出やその後の話をしてくれました。残念ながらコロナ対策に伴うスタジオセットの問題で人数を制限したり、収録日と都合が合わなかったりなど、さまざまな事情で最終的に来ていただいたのは4人でしたが、その他の皆さんもクロ女子出演を“良い思い出”や“変わるきっかけになった”と捉えてくれていたのは感謝しかありません。また、“結婚しました!”“妊娠しました! ママ頑張ります”など、うれしい報告も聞けて、あらためて良い番組だったんだなと(笑)」