定山渓温泉で足湯とスイーツが楽しめる癒しスポット「心の里 定山」

©北海道文化放送株式会社

札幌市内なのに大自然の木々に囲まれて足湯で寛げるスポット「心の里 定山」。心休まるゆったりとした空気のなか、足湯に入りながらお茶菓子まで楽しめると、癒しを求める女性から注目を集めています。

自然を満喫できる足湯

外のウッドデッキに設置された足湯。そのため、景色だけではなく野鳥や虫のさえずり、滝の音など自然を耳からもたのしめます。
また、目の前には緑豊かな大自然が…! 全身で自然を満喫できますね♡

足湯は8ヶ所に設置されており、それぞれ家族や友達ごとにプライベートな空間としても楽しむことができますよ。
大きい足湯の浴槽だと、最大4人まで入ることができるそうです。

それぞれ足湯は外に設けられていますが、屋根が設置されているので雨の日でも雪の日でも足湯と自然を楽しむことができます。これは嬉しいポイントですね!

私は雨天時に行きましたが、雨に濡れることもなく雨天ならではの自然を楽しみながら足湯に浸かることができました〜♡

定山の手作り菓子とお飲み物も足湯と共に♡

「心の里 定山」では、セルフサービスでお茶菓子と飲み物をいただけます。自分の好きなタイミングで好きなものを楽しめるなんて、とても贅沢な気分♡
提供される菓子は手作りされており、シフォンケーキやクッキー、和菓子などが用意されていますよ。何を食べようかワクワクしちゃいますね〜!

選んだお茶菓子と飲み物は、ラウンジはもちろん外の足湯に持ち運んで食べることもできます。
足湯に浸かりながらのお菓子は最高でした!

季節ごとの楽しみが♡

定山渓の大自然に囲まれているので訪れるごとに景色が変り、その時々の季節を感じられるのも人気の理由のひとつです。
特に秋には美しい紅葉を楽しみに、毎年10月になると若い女性やカップルを中心に賑わうそう。

また、バードウォッチングを楽しめる足湯もあるのでカメラやスマホで自然の映え写真をたくさん撮影できますよ♡

気軽に手ぶらで楽しめる

足を拭くタオルはもちろん、ブランケットの貸し出しや、帰りの際の足袋のプレゼントもあります。手ぶらでも気軽に立ち寄れるのがうれしいですね。

さらには、足湯から上がったあとのケアのために、ボディークリームやハンドクリームなど保湿クリームも用意されていました。

くつろぎの空間

ラウンジでは、自然の音源を用いたヒーリングミュージックが流れています。
心地良さに思わず昼寝してしまうお客さんもいるんだとか!

また、約800冊を超える自然専門書が揃った自然専門書ライブラリーがあります。自然に囲まれながら、ゆっくりと読書を楽しんでみてはいかがでしょうか?

さらに、古美術品が展示された美術館「東洋古美術 中島文庫」も設けられています。ラウンジやライブラリーとはまた違った世界観を楽しむことができますよ〜♡

癒されてみませんか♡

基本料金(1,500円 税込)では、足湯&ラウンジ利用、茶菓子&お飲み物、東洋古美術 中島文庫入館を楽しめます。さらにプラスで入浴も楽しみたい方には、「ぬくもりの宿 ふる川」の日帰り入浴セットプラン(2,400円 税込)もありますよ〜!

現在は土日祝(混雑が見込まれる10月は全日)は、2時間の時間制限を設けるなど、密を避ける対策も行っています。
また、小学生以下は入場禁止のため、大人ゆったりな空間となっています。

自然と文化に憇う、心のオアシス「心の里定山」。あなたも安らぐ空間に癒されてみてはいかがでしょうか?

心の里 定山
住所:札幌市南区定山渓温泉西4丁目372-1
営業時間:午前10時〜午後6時
電話番号:011-598-5888
Webサイト
地図はこちら