「幼稚園教諭の魅力を知って」 幼稚園合同就職セミナーに23人

厚木市・愛川町・清川村

©株式会社タウンニュース社

幼稚園教諭を目指す学生らが訪れた

 厚木地区私立幼稚園協会(厚木市16園・愛川町4園/齊郷浩之会長)は9月19日、厚木商工会議所5階大会議室で合同就職セミナーを開催した。

 同セミナーは、幼稚園教諭の人材確保が課題となっている昨今、幼稚園教育の大切さ、魅力を知ってもらおうと2018年から協会主催で実施されているもの。コロナ禍で延期となり、今回の開催となった。

 当日は協会加盟の11園が相談ブースを設置。23人の学生が会場を訪れた。ブースでは各園が教育方針や人材育成などについて熱心に説明、学生たちも真剣な眼差しで話を聞いていた。厚木幼稚園の大森徳子園長は「幼稚園で過ごした楽しい日々を思い出し、セミナーに参加してくれた卒園生もいました。うれしい」と笑顔。参加した奥彩華さん(20)と篠亜里紗さん(19)は、「実際の幼稚園の考え方、子どもへの想いを聞くことが出来て、参加して良かった」と話した。

 深刻な幼稚園教諭の人材確保が進むなか、厚木市では県内初となる幼稚園教諭応援・サポート事業として幼稚園教諭の服飾や奨学金返済に対する助成制度を設置。同協会では「全国的に幼稚園教諭を目指す人が減っています。幼稚園教諭は子どもの成長を感じ、一緒に感動できる素晴らしい職業。ぜひ目指してほしい」と話した。