【ダイソー】って天才! 洗濯機周りのコックピット化で家事が超ラクに

©株式会社ベビーカレンダー

7歳、6歳、2歳の3児のママであるNagomy(@nagomy39)さんは、独身時代に約100万円の借金まで抱えたことのある元浪費家。今回は、そんな節約系整理収納アドバイザーNagomyさんが、100均・スリコ・ニトリなどのアイテムを使った洗濯機周り収納のコックピット化を教えてくれます!

7歳、6歳、2歳の3児のママであるNagomy(@nagomy39)さんは、独身時代に約100万円の借金まで抱えたことのある元浪費家。現在は年収300万円台ボーナスなしでも、年100万円の貯金をしています。

今回は、そんな節約系整理収納アドバイザーNagomyさんが、100均・スリコ・ニトリなどのアイテムを使った洗濯機周り収納のコックピット化を教えてくれました!

戸棚下のポールを生かしてつり下げ収納

Nagomyさんは、洗濯機周りをコックピット化することで、収納も家事ももっとラクにならないかと考えていたそう。

きっかけは、愛用していたニトリの洗濯ラックが、引越し後に設置できなくなってしまったことでした。今の洗濯機置き場には、戸棚がついていて、この戸棚の位置が高く使いづらいという難点がありました。そんなことから、洗濯機周りのコックピット化を決行することに!

1歩以内ですべてに手が届く!

コックピット化の定義は、1歩以内ですべてに手が届くこと。洗濯に必要なものは、すき間を活用してとことん収納しました。洗濯機横は磁石がつくので、マグネット式収納が便利なんだそうです。

左側のすき間には、マグネット式で取りつけも簡単なホルダーに洗剤と洗濯ネットを収納しました。

右側のすき間には給水ホースと、マグネット式のバスブーツホルダーを設置。左右どちらの収納も強力磁石なので、ズレることもなく快適に使えます。

子どもたちが使うものは取り出しやすい位置に

子どもたちが使うランドリーバスケットと踏み台は、折りたためるものにし、手が届く位置に置くことで、子ども自身が取り出して使いやすい作りに。どのアイテムも白に統一することが、すっきり見えるポイントです。

ダイソーの3wayメッシュバッグが天才的!

洗濯グッズは、すべて洗濯機上につり下げ収納をしていたのですが、ランドリーネット・布団ばさみ・洗濯ばさみの収納に迷走していたそう。そんな試行錯誤の最後に見つけたのが、つり下げ収納の救世主となったダイソーの3wayメッシュバッグ。また、ダイソーに助けられました♡

旅行先でバスグッズを持ち運ぶときに使う用のバッグなのですが、ポケットが3つあるので、すべてを1つに集約できたそう。サイドのポケットは開けっ放しにして、ポイポイ出し入れできるようにしています。持ち運びもできて便利!

コックピット化収納のポイントはとにかくすき間を生かすこと。とくに洗面所が狭い家では、すき間を活用することで家事もラクになります。必要な物がすぐに手が届くところにあると家事もやる気アップしそうですね!

この投稿をInstagramで見る

Nagomy*メリハリ家計で年100万貯金(@nagomy39)がシェアした投稿 -

ベビーカレンダーでは家事や収納、ファッションなど、ママたちの暮らしに寄り添った【ライフスタイル記事】を強化配信中! 毎日がもっと楽しく、ラクになりますように。

協力/Nagomy(@nagomy39)
取材・文/サトウヨシコ


「ベビーカレンダー」は、医師・専門家監修の妊娠・出産・育児の情報メディアです。赤ちゃんとの毎日がもっとラクに楽しくなるニュースを配信中!無料の専門家相談コーナーも大人気!悩み解決も息抜きもベビカレにお任せ♡