グーグル、課金規定厳格化

アプリ市場の公平運営狙い

©一般社団法人共同通信社

グーグルのロゴ(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】米グーグルは28日、自社で運営するアプリ販売市場の課金規定の適用を厳格化すると発表した。すべてのアプリ開発者に対し、デジタル商品の販売にかかる30%の手数料を義務付ける。公平な運営が狙い。一部の開発者が手数料を免れているとの批判があったという。

 グーグルのアプリ市場でデジタル商品を販売しながら、グーグルの課金システムを使っていない3%弱のアプリに対し、来年9月末までに課金システムを使用するよう求める。