前年より売り上げ増18.9% 8月、東京商工リサーチ調査

©株式会社福島民報社

 東京商工リサーチ郡山支店は二十八日、新型コロナウイルスに関するアンケートの第八回調査結果(八月二十八日~九月八日)を発表した。

 前年同月の売り上げを「一〇〇」とした場合の八月の売り上げを「一〇〇以上」とした企業は18.9%(百十一社中二十一社)で、七月に比べ1.3ポイント悪化した。

 「新型コロナの収束が長引いた場合、廃業を検討する可能性がある」と答えた企業は7.7%(百八十二社中十四社)だった。廃業の可能性があると回答した中小企業のうち、「一年以内」と回答したのは28.6%(十四社中四社)だった。