官製談合疑いで道職員逮捕

工事設計書写し手渡しか

©一般社団法人共同通信社

 北海道警は29日、道が発注した土木工事の一般競争入札で、建設業者に入札情報を漏えいしたとして、官製談合防止法違反(入札妨害)の疑いで、上川総合振興局南部耕地出張所(中富良野町)の主査佐藤清志容疑者(46)=帯広市=を逮捕した。

 逮捕容疑は、胆振総合振興局(室蘭市)に勤務していた2016年4月、予定価格算出の基礎となる工事価格の金額が記載された設計書の写しを業者の担当者に手渡し、入札の公正を害した疑い。