スタバ、アイス飲料のカップを紙製に変更、11月から順次

©ダイヤモンド・リテイルメディア

紙製カップとストロー不要のふたを2021年2月までに国内の全店舗で導入する

スターバックスコーヒージャパンは11月から、アイス飲料の一部商品のカップをプラスチック製から紙製に変更する。同時にストローなしで飲めるふたを採用し、プラスチックの削減を進める。

紙製カップへの変更とストロー不要のふた(ストローレスリッド)はアイスコーヒーとアイスティー、および全てのホット飲料で採用。11月から103店舗で導入を開始し、2021年2月には国内の全1500店舗超に拡大する。

21年2月からはラテなどアイスのエスプレッソ飲料、アイスココア、アイスミルクも紙製カップに切り替える。これにより、1杯当たり約6割のプラスチック使用量を削減でき、年間では約6100万杯分のプラスチックカップ削減効果が見込まれる。

紙製カップは内側と外側をラミネート加工し、耐久性を高めるとともに冷たい液体を注いでも結露の影響を受けにくくした。カップには、適正に管理された森林などを供給源とする原材料から生産されたFSC認証紙を使用する。

ストローレスリッドは、ホット飲料で使用していた従来のふたより飲み口が大きくなっており、飲みやすいだけでなくコーヒーの香りも楽しめるようにした。

【小売・流通業界で働く人の情報サイト_ダイヤモンド・チェーンストアオンライン】