やべっちF.C.終了に乾貴士、惜別の矢部浩之2ショット 「涙が...」「宿題で初めて知った」

©株式会社ジェイ・キャスト

乾貴士選手

サッカー日本代表でエイバル(スペイン)所属のMF乾貴士選手(32)が2020年9月28日、インスタグラムとブログを更新し、人気サッカー番組「やべっちF.C.」(テレビ朝日系)の放送終了に惜別のメッセージを送った。

【写真】乾貴士選手と矢部浩之さんの2ショット

同番組MCのナインティナイン・矢部浩之さん(48)との2ショット写真もアップ。「終わるのは寂しいけど、いつかまた復活する事を祈ってます!」とつづった。

「プロ一年目で初めて宿題を出させてもらってから...」

日韓W杯開催の02年に始まった「やべっちF.C.」は18年の歴史に幕を閉じた。日本で数少ない地上波サッカー専門番組としてファンの人気は高く、試合のダイジェストを流すだけでないさまざまな企画を打ってきた。特にサッカー経験のある矢部さんらを通じ、選手のピッチ外での知られざる一面を見せることにも注力。日本のサッカー人気向上に一役買ってきた。9月27日放送の最終回には、Jリーグの村井満チェアマンがスタジオにかけつけ、矢部さんへの花束贈呈と労いのメッセージを送るほどだった。

そんな同番組終了に寄せて、乾選手はインスタグラムとブログに同じメッセージを投稿。「プロ一年目で初めて宿題を出させてもらってから、年末のフットサル、リフティングしりとり勝負、スタジオにも出させてもらったり、スペインでの生活とサッカーを取材してもらったり、大好きな番組でした」と振り返った。

プロ選手がリフティングのテクニックを披露する「宿題テクニック」は番組人気コーナーの1つで、豊富な技術を持つ乾選手は複数回、出題者として出演してきた。これに限らず、長年ヨーロッパで活躍する乾選手は、その気さくなキャラクターもあって番組との縁は深かった。乾選手は矢部さんと笑顔の2ショット写真をアップし、感謝をつづった。

「終わるのは寂しいけど、いつかまた復活する事を祈ってます!! 矢部さん、スタッフの皆さん、18年間お疲れ様でした。ありがとうございました!!!」

「乾先生また見たいです」

番組や乾選手のファンからは、

「宿題やワードカップ楽しかったです 乾先生また見たいです」

「復活してほしいですね いつかきっと」

「私は、やべっちFCの大ファンで、あれだけ、サッカー協会や、選手や、サポーターに愛された番組は無いと思います 終わってしまったのは、とても残念です」

「最初の宿題が最強の高難度だったと思います」

「やべっち また見て涙が... 18年沢山沢山思い出が...」

「私はやべっちFCの宿題で初めて乾先生を知ったんだったなぁ...衝撃的で一発で覚えましたよ。あぁ...本当に寂しいです」

などと思い出を語るコメントが相次いだ。