拉致家族「苦しい日続いている」

菅首相に早期帰国への努力求める

©一般社団法人共同通信社

(手前右から)横田早紀江さん、家族会代表の飯塚繁雄さんらと面会する菅首相(右端)=29日午後、首相官邸

 北朝鮮に拉致された横田めぐみさん=失踪当時(13)=の母早紀江さん(84)ら被害者家族が29日、首相官邸で菅義偉首相と面会した。早紀江さんは「何十年たっても子どもたちの姿が見えない。苦しい毎日が続いている」と訴え、被害者の早期帰国に向けた努力を求めた。

 面会には田口八重子さん=同(22)=の兄で家族会代表の飯塚繁雄さん(82)らも同席。飯塚さんは家族が高齢化していることを念頭に「時間が大切。具体的に問題を動かしてほしい」と要望した。

 首相就任後初めて家族と面会した菅首相は「自らが先頭に立ち、あらゆるチャンスを逃すことなく活路を開いていきたい」と述べた。