モデル、タレント、YouTuber、ライバー。南明奈が「新しい仕事に挑戦し続ける理由」

©株式会社マイナビ

取材:Yuki/マイナビウーマン読者アンバサダー はたらくmuse文:ameri撮影:前田立編集:井田愛莉寿/マイナビウーマン編集部

働いているとどうしても保守的になり、チャレンジへのハードルがぐんぐん上がってしまう。そう感じたことはありませんか?心のどこかではやってみたいことがあるのに、「私なんて」とチャレンジを諦めてしまう。挑戦するきっかけがあれば、自分を変えられるかもしれないのに……。

今回話を聞きに行ったのは、ティーンファッション誌のモデルからキャリアをスタートし、タレント、YouTuber、ライバーと、時代に合わせてさまざまなジャンルのお仕事に挑戦している南明奈さん。

「幅広い仕事にチャレンジしている理由は?」「どうやって自分に合う仕事を見つけているの?」——マイナビ TGC 2020 A/W の舞台裏で、彼女に悩みや疑問をぶつけてきました。

聞き手は、マイナビウーマン読者アンバサダー「はたらくmuse」のYukiさん。30歳を迎え、ちょうどこれからのキャリアプランを見直しているタイミングなのだそう。

臆することなく挑戦を続ける南さんから、チャレンジする姿勢を学んできました。

■チャレンジする理由は「楽しそう」だから

今日は、南さんの働き方や、幅広いお仕事にチャレンジし続ける理由についてお話を聞かせてください!

南さんは、モデル・タレントだけではなく、最近では17LIVE(イチナナ)やYouTubeでライバーとしてさまざまな企画のオンライン配信を行う活動もされていますよね。積極的に新しい仕事にチャレンジしている理由が知りたいです。

私は、「楽しそう」「やってみたい!」という気持ちが原動力になっています。もちろん、新しいことへの挑戦は怖さもあります。でも、失敗しても経験にはなるし、やってみて初めて自分に合っていないかどうかが分かるんです。

まずはチャレンジしてみることなのかなと思っています。だから、少しでも興味があることには挑戦するようにしていますね。

昔から「失敗を恐れない性格」だったんですか?

それが全然!20代前半はずっと失敗を怖がっていました。

年齢を重ねて30代になってから、「自分が動かないと何も始まらない、何も変わらない」という考え方にシフトしてきて。安定もいいとは思うけど、やっぱり私にとっては楽しくないので……。挑戦していくスタイルが合っているんだと思います。

なるほど。年齢を重ねて変化していったんですね。

変化というと、新しい生活様式が生まれていく昨今「働き方の変化」をすごく感じているのですが、南さんは働き方で何か変わったことはありましたか?

芸能界もいろいろ変わってきているとは感じています。できることが限られているのが大きいですよね。その中で何ができるかを自分で考えて見つけていかないと、とも思っています。なので今、17LIVEのようなオンライン配信に力を入れているんです。

■「自分に合う仕事」よりも「自分のやりたい仕事」

私は今年で30歳を迎えるので南さんと同世代なのですが、ちょうど自分の働き方を考え直そうと思っていまして。南さんは「自分に合う仕事」をどうやって見つけているのでしょうか?

実は、いまだに自分にどの仕事が合っているのか、分かっていないんです。

えっ、そうなんですか?

はい。14歳から芸能活動をさせてもらって今年で17年になるのですが、今でも分からないです。

どうしても結果で考えてしまうので、調子が良かったら「これが合っている仕事だ」と思うし、調子が悪くなったら「やっぱり合わないんだ」と思ってしまいます。だから結局、いろいろなことに挑戦しながら探し続けるしかないのかなと。

これまでに経験された中で「自分に合っていた」と感じたのはどんなお仕事でしたか?

自分では正直分からないので、そういう時は周りで支えてくださっている方の声を聞くようにしています。そうすると、自分では見えない私の良さが見えてくるので……。周りの意見を聞くことはとても大事にしています。

逆に、これまで「合わないかも」と思った時には、やめる選択をしてきたのでしょうか?

1回ではやめないです。簡単に諦めてしまうのは違うと思うので、何回かはチャレンジしてみますね。中には、苦手だと思っても頑張らなきゃいけないこともあるはずだから、「好きじゃないからやめよう」とは考えないです。

でも、気持ちが疲れてしまうことなら、無理してやる必要はないとも思います。

「挑戦しながら合う仕事を探っていく」とのことでしたけど、自分に合う仕事と自分のやりたい仕事は、どちらを優先すべきだと思いますか?

30代になった今は、自分のやりたい仕事を優先すべきだと思います。

だけど、20代前半の頃の私に同じ質問をしたら、自分に合う仕事を優先すべきだと答えていたはずです。ここは年齢を重ねて大きく変わった部分ですね。

若い頃はやりたいことを抑えていたんですか?

抑えていたというか、それ以上に周りからの評価を気にしていました。「周りに褒められたい」という気持ちを軸に仕事をしていたので、自分の気持ちはそっちのけでした。今は、もちろん周りの意見は大切に。その上で自分の気持ちも大切にしたいなって。

■仕事も、自分の人生も欲張りに楽しみたい

最後に、南さんが仕事をするうえで大切にしている軸を教えてください!

自分が少しでも「やってみたい」と思ったら挑戦してみること、ですね。せっかく興味があるのに、周りのことを気にしてチャレンジしないのはすごくもったいない。だから、後悔しないようにチャレンジするのが一番だと思います。

この考えも年齢と共に変わってきましたか?

そうですね。がむしゃらに走ってきた20代を経て、仕事へのスタンスも考え方も変わってきました。

すてきです!私も「自分のやりたいこと」に向けて働き方をアップデートしていこうと思います。ありがとうございました!

南明奈さんのサイン入りチェキをプレゼント!

南明奈さんの直筆サイン入りチェキを抽選で【1名様】にプレゼント!マイナビウーマンの公式Twitterアカウント(@mynavi_woman)をフォロー&該当のプレゼントツイートを「いいね」して応募完了。当選者にはDMでご連絡します。ぜひご応募ください!

今回インタビューしたはたらくmuse

Yukiさん(@yuuukiii.324)

マイナビウーマンの読者アンバサダー・はたらくmuseの一期生。普段は都内のアパレル企業で人事総務として勤務。おいしいご飯やお酒を飲みに行くこと、旅行が大好きです♪コロナ太り解消のため、この秋はランニングに挑戦するのが目標!