専務理事を全国公募 年収1200〜1500万円 茨城県出資のいばらき中小企業グローバル推進機構

©株式会社茨城新聞社

茨城県庁=水戸市笠原町

茨城県は30日から、今年4月に設立した県出資法人のいばらき中小企業グローバル推進機構(理事長・小善真司副知事)の専務理事を全国公募する。同県の産業支援機関で役員を全国公募するのは初めて。

報酬は想定年収1200万円程度(諸手当込み)で、職務経験や実績などにより最大約1500万円を用意する。応募資格は、民間企業などで役員や管理職として経営企画などの実務経験が5年以上ある者。就任時期は来年4月1日からで常勤。

専務理事就任後は実務トップとして、中小企業支援業務の指揮監督や今後注力する海外展開支援などの施策の企画立案などを担う。現在、専務理事は県職員OBが務めているが、外部から広く公募することで中小企業支援のノウハウや海外展開支援の知見を活用したい考え。

県産業政策課は「業種の分野を問わずに(同機構を)けん引してくれる人に来てほしい」としている。