住宅地にヒズボラ武器庫「確認」

国連演説でイスラエル首相

©一般社団法人共同通信社

国連総会一般討論でビデオ演説するイスラエルのネタニヤフ首相=29日、ニューヨーク(国連提供・AP=共同)

 【エルサレム共同】イスラエルのネタニヤフ首相は29日、国連総会一般討論でビデオ演説し、レバノンの首都ベイルートにある住宅街で、親イランのシーア派民兵組織ヒズボラの秘密武器庫の存在を確認したと発表、非難した。

 ネタニヤフ氏は「ヒズボラのミサイル工場」と題された衛星写真を見せながら説明した。ベイルートで8月に発生した大規模爆発に言及し、武器庫がガス会社に隣接しているとして「新たな爆発が起きかねない」と主張。この地区の住民は撤去に向けて行動するべきだと訴えた。

 イスラエルとヒズボラの間では、7月にもレバノン国境付近で交戦があり、緊張関係が続いている。