NY市、小学校の対面授業再開

約半年ぶり、陽性率悪化の中

©一般社団法人共同通信社

ニューヨークの小学校の登校風景=29日(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】米東部ニューヨーク市は29日、大半の公立小学校で対面授業を再開した。新型コロナウイルス流行のため休校措置が取られてから約半年ぶりとなる。中学、高校は10月1日の再開を予定する。

 同市のデブラシオ市長は29日の記者会見で、新型コロナ検査で28日の陽性率が3%超だったと明らかにした。米メディアによると、6月以来の高い水準で、感染再拡大への懸念が高まっている。

 授業は対面とオンラインを組み合わせて実施され、希望すればオンラインのみで授業を受けることも可能。ニューヨーク市は全米最大規模の学区で、計約110万人の児童・生徒を抱える。