佐世保市 ごみ袋購入補助券 1人につき1枚多く配布へ

外出自粛で家庭ごみの量が増加

©株式会社長崎新聞社

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛の影響で家庭ごみの量が増えていることを受け、佐世保市は指定ごみ袋の購入補助券を1人につき、例年より1枚多い6枚を10月中に市民に送付する。
 市は毎年、市民1人当たり補助券を5枚ずつ無料で配布。指定ごみ袋は4種類(1セットは計180リットル分)。補助券を使って購入すると、ごみ処理手数料840円が免除される仕組み。
 市廃棄物減量推進課によると、今年3~5月の家庭系可燃ごみは約1万1083トンで、前年同期(約1万366トン)より約6.9%増加。同課は「分別を徹底してもらい、引き続きごみの減量に努めてほしい」としている。