仲間由紀恵、自身が選んだスムージーにご満悦「子どもたちにも飲ませたい!」

©株式会社マイナビ

予備校講師の林修、女優の仲間由紀恵、松下奈緒、アイドルグループの虹のコンキスタドールが29日、都内で行われたJAグループ「10月2日は直売所の日」PRイベントに出席した。

JAグループ「10月2日は直売所の日」PRイベントに出席した仲間由紀恵

JAが運営する農畜産物の直売所「JAファーマーズマーケット」は、直売所のさらなる活性化を目的に一昨年、10月2日を記念日として制定。この日は、その記念日が近いということで、JAグループのサポーターを務める林修をはじめ、JA 共済イメージキャラクターの仲間由紀恵、JAバンクのイメージキャラクターを務めている松下奈緒らがトークショーを行った。

昨年のイベントに続いての出演となった仲間は「昨年初めて参加させていただき、楽しく野菜を学ぶことができました。スーパーに行って名前の知らない野菜にも足を止めて手に取るようになりましたね」と話し、昨年のイベントで「全国の直売所を制覇したい!」と宣言した松下は「最近は埼玉の直売所に行きました。目的地の近くに直売所があるかどうかが重要で、あったら必ず直売所に寄ります。その土地でしか穫れないお野菜があって毎回面白いなと思います。最近はお店の方が調理法を教えてくれたり、お買い物をしているお婆ちゃんも教えてくれるんですよね。どんどん好きになります!」と語った。

トークショー中には仲間がステージ上に並ぶ全国の野菜と果物を3つ選んでスムージーを作ることに。選んだ野菜と果物はりんごとブロッコリー、ピオーネで、選んだ理由を「りんごは栄養があるしスムージーに私もよく入れいるんです。ブロッコリーも野菜としての栄養価が高いし、生でスムージーにしたらより高い栄養価でいただけるかなと思って。ピオーネは旬だし、もう1つフルーツを入れたらさらに美味しくなるのかなと思って選びました」と説明した仲間。実際に出来上がったスムージーを口にして「美味しいです! 飲みやすいしブロッコリーの食感というか細かくはしてくださいましたが、舌にザラっと残るような感じもありますよ」とすっかり気に入った様子で、最後に「今日は楽しくお野菜の勉強ができました。さらに興味が深まりましたし、今回のスムージーを作って子どもたちにも飲ませたいと思います」と笑顔を浮かべていた。