児童虐待死、2割が母もDV被害

家庭の7割、社会で孤立

©一般社団法人共同通信社

厚生労働省

 厚生労働省の専門委員会は30日、2007年1月~18年3月に発生・発覚した心中以外の児童虐待死亡事例に関し、死亡した児童の実母へのDVの有無に焦点を当てた詳細な分析結果を初めて公表した。検証可能な死亡事例270人のうち、実母がDVを受けていたのは51人(18.9%)。この家庭の地域社会との接触状況を調べると「乏しい」「ほとんどない」人が38人(74.5%)に上り、虐待とDVの関連性や孤立しやすさが浮き彫りとなった。

 DV経験がなかったのは219人(81.1%)で、地域社会との接触状況が「乏しい」「ほとんどない」人は112人(51.1%)だった。