五島市が職員1人 熊本の球磨村派遣 7月の豪雨で被災

©株式会社長崎新聞社

野口市長から辞令を受け取る眞弓さん(右)=五島市役所

 五島市は24日、7月の豪雨災害で被災した熊本県球磨村へ派遣する市情報推進課の眞弓健二郎さん(33)に辞令を交付した。10月1日から3カ月間、同村で被災家屋の公費解体などに関わる事務を担当する。
 市役所で眞弓さんに辞令を手渡した野口市太郎市長は「災害復興は自治体の大きな役割。被災した方への対応は大変だと思うが、体に気を付けて頑張ってほしい」と激励。眞弓さんは「五島市の代表として、被災者の生活が1日も早く元に戻るよう取り組む。その中で得た経験は市に還元したい」と意気込みを語った。