アカデミー賞に向けて注⽬が集まる話題作『シカゴ7裁判』全国の映画館で上映が決定

©株式会社近代映画社

Netflix映画の話題作『シカゴ7裁判』が2020年10⽉16⽇(⾦)からの全世界独占配信に先駆けて10⽉9⽇(⾦)より⽇本全国の映画館で上映されることが決まった。

エディ・レッドメインら豪華実⼒派俳優陣競演!

本作は、「ファンタスティック・ビースト」シリーズのエディ・レッドメイン、『インセプション』のジョセフ・ゴードン=レヴィット、サシャ・バロン・コーエン、マイケル・キートン、マーク・ライランスなど、オスカー俳優が多数出演する豪華競演が実現した作品で、ベトナム戦争の反対運動に
端を発し、抗議デモを企てたとされ逮捕、起訴された7 ⼈の男〈シカゴ・セブン〉の衝撃の裁判を描いた実話に基づく物語。

1968 年、シカゴで開かれた⺠主党全国⼤会。会場近くでは、ベトナム戦争に反対する市⺠や活動家たちが抗議デモのために集結。当初は平和的に実施されるはずだったデモは徐々に激化していき、警察との間で激しい衝突へと発展。デモの⾸謀者とされたアビー・ホフマン(サシャ・バロン・コーエン)、トム・ヘイデン(エディ・レッドメイン)ら7 ⼈の男〈シカゴ・セブン〉は、“暴動を煽った”罪で起訴されてしまい、歴史に悪名をとどろかせた《類を⾒ないほどの衝撃的な裁判》が幕を開けることに。果たして、反戦のために⽴ち上がった7 ⼈の男たちの運命はー?そして、世界中が固唾を飲んで⾏⽅を⾒守った裁判の⾏⽅とは?

アメリカの映画批評サイト、ロッテン・トマトでは、92%フレッシュ(9/28現在)という⾼評価を記録。また9⽉に⾏われたアカデミー賞の前哨戦として位置付けられているトロント国際映画祭での反応を受けてアメリカの⼤⼿映画サイト・ヴァラエティが発表した21年度のアカデミー賞予想で作品賞、監督賞、助演男優賞、脚本賞の主要4部⾨で注⽬タイトルとして名前が挙がっている。

監督・脚本:アーロン・ソーキン
キャスト:サシャ・バロン・コーエン、エディ・レッドメイン、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、マイケル・キートン、マーク・ライランス、アレックス・シャープ、ジェレミー・ストロング、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2 世、ジョン・キャロル・リンチ、フランク・ランジェラ

上映劇場リスト

<埼⽟>
イオンシネマ浦和美園
イオンシネマ春⽇部
<千葉>
イオンシネマ市川妙典
<東京>
アップリンク渋⾕
アップリンク吉祥寺
シネ・リーブル池袋
kino cinéma⽴川髙島屋SC館
イオンシネマむさし村⼭
<神奈川>
kino cinéma横浜みなとみらい
イオンシネマ茅ヶ崎
<岐⾩>
イオンシネマ各務原
<愛知>
イオンシネマ⻑久⼿
<京都>
アップリンク京都
<⼤阪>
シネ・リーブル梅⽥
シネマート⼼斎橋
イオンシネマ茨⽊
<岡⼭>
イオンシネマ岡⼭
<福岡>
kino cinéma天神
イオンシネマ福岡

⼀部劇場にて10⽉9⽇公開 Netflix映画『シカゴ7裁判』10 ⽉16 ⽇(⾦)よりNETFLIXにて独占配信開始