錦織圭、西岡良仁は2回戦敗退

全仏テニス第4日

©一般社団法人共同通信社

男子シングルス2回戦 ステファノ・トラバリアと対戦する錦織圭=パリ(ゲッティ=共同)

 【パリ共同】テニスの全仏オープン第4日は9月30日、パリのローランギャロスで行われ、男子シングルス2回戦で昨年8強の錦織圭(日清食品)は世界ランキング74位のステファノ・トラバリア(イタリア)に4―6、6―2、6―7、6―4、2―6で敗れ、6年連続の3回戦進出はならなかった。

 世界52位の西岡良仁(ミキハウス)は239位のユーゴ・ガストン(フランス)に4―6、6―7、6―3、2―6で屈した。

 4連覇を目指すラファエル・ナダル(スペイン)や全米オープン覇者のドミニク・ティエム(オーストリア)は3回戦に進んだ。

男子シングルス2回戦 ポイントを奪いガッツポーズする西岡良仁=パリ(ゲッティ=共同)