ゲーム条例、違憲と提訴

香川の高校生ら賠償請求

©一般社団法人共同通信社

香川県で4月に施行された子どものインターネット・ゲーム依存症対策条例は憲法13条が保障する幸福追求権などを侵害し違憲で、精神的苦痛を受けたとして高松市の男子高校生(17)と母親が30日、県に計160万円の損害賠償を求め高松地裁に提訴した。