香取慎吾、民放ドラマ5年ぶり出演 SNS誹謗中傷に挑むワケあり捜査官役で主演

©ブロードメディア株式会社

『アノニマス ~警視庁“指殺人”対策室~』で5年ぶりに民放ドラマ出演を果たす香取慎吾

香取慎吾が、2021年1月スタートのドラマ『アノニマス ~警視庁“指殺人”対策室~』(テレビ東京系/毎週月曜22時)で主演を務めることが発表された。香取の民放ドラマへの出演は5年ぶり。

本作は、SNSでの誹謗(ひぼう)中傷をテーマにしたサスペンスドラマ。“アノニマス”とは日本語で“匿名”を意味する言葉だ。顔の見えない犯罪者=アノニマスを捜査し見つけ出す。そんなミステリーを通して現代日本の根深い社会問題、人間ドラマを描く。

インターネットの誹謗中傷や炎上などが後を絶たず、キーボードによる殺人=指殺人(ゆびさつじん)が社会問題になっている。物語の舞台は、この社会問題に対応するため警視庁に新設された“指殺人対策室”。香取演じる主人公・万丞渉は、ある事件をきっかけに捜査一課の第一線から外された一匹狼ながらも、クセの強いメンバーとともに指殺人に苦しむ人々の事件を解決に導いていく。

警視庁は「指殺人対策室」(通称「指対(ゆびたい)」)を新設した。SNSの情報を分析し捜査に役立てるとともに、誹謗・中傷の撲滅を目指し市民からの相談に乗る―そんな理念を掲げつつ、実際には世間に対するポーズとしての部署新設であり、集められたメンバーは万丞渉(香取)をはじめ、出世コースから外れたクセモノばかり。

そんなある日、一人の中年女性が対策室を訪ねてきた。一人暮らしをしていた娘が自殺したが、警察は「事件性なし」として早々に捜査を打ち切っていた。だが、ファッションモデルである娘がネット上で激しい誹謗中傷に遭っていたことを知った女性は、娘を死に追いやった人たちを捕まえてほしいという。「指対」の捜査が始まる…。

香取がテレビ東京のドラマに出演するのは、1988年の『あぶない少年III』以来33年ぶり。香取は「小学生だった僕が電車でテレビ東京に通っていた時の緊張感が蘇ります。2021年の幕開けに、僕を必要としてくれたスタッフの皆様の思いと共に、テレビで、テレビ東京で、今の香取慎吾の全力を視聴者の皆様にお届け出来るように頑張ります。初めてテレビに出させてもらった時の喜びを思い出しながら!」と意気込む。

また、本作のテーマとなるSNSについて、「僕がSNSを始めて3年が経ちました。僕はSNSに助けられています。応援してくれているみなさんの言葉に、いつも笑顔をもらっています。でも、始める前に思っていたSNSへの怖さも忘れてはいません。SNSと生きる今。このドラマ『アノニマス』がSNSの闇だけではなく、その先の光も描いてくれたらと思っています」としている。

ドラマ『アノニマス ~警視庁“指殺人”対策室~』は、テレビ東京系にて2021年1月より毎週月曜22時放送。