チーズと海鮮!北海道グルメを堪能!西武池袋本店「秋の北海道うまいもの会」

©株式会社オンエア

西武池袋本店では、2020年9月30日(水)〜10月13日(火)の期間、秋の物産催事第2弾として「秋の北海道うまいもの会」が開催されます。今回は、数ある北海道グルメの中でも代表格となる“チーズ”と“海鮮”をクローズアップ!西武池袋本店が、北海道らしいグルメに直球で挑みます。

道産チーズとのコラボレーションメニュー!

半田ファーム(大樹町)、香林農園(帯広)、あすなろファーミング(十勝清水町)、チーズ工房アドナイ(興部町)など、道内のチーズ工房が手掛ける道産チーズと、名産品を組み合わせた会場限定のメニューが登場します。

【ハードタイプ×白老牛】

◇白老牛サーロインステーキとチーズ添えハンバーグ弁当

価格:1折・2,160円(各日限定50折)

やわらかく旨みのある肉に、塩味の効いた芳醇なチーズを合わせています。

【リコッタ×じゃがいも】

◇道産リコッタチーズとたまねぎのクリームコロッケ/じゃがいもハウス(札幌)

価格:1個・486円(各日限定100個)

甘みのちがう紅白の玉ねぎを使用し、リコッタチーズでコクを出したクリームコロッケです。

【やぎチーズ×道産小麦】

◇ヤギさんと牛さんのチーズブレッド/ベーカリーカンスケ(岩見沢)

価格:1本・810円(各日限定50本)

ヤギ乳チーズをブレンドし、小麦の豊かな香りも魅力です。

*前半会期(10月6日まで)

【ラクレット×牧場ミルク】

◇チーズベリーパフェ/あすなろファーミング(十勝清水町)

価格:1個・801円

自慢のミルクで作ったソフトクリームとチーズを一度に楽しむことができます。

【北海道の工房チーズ】

■半田ファーム(大樹町)

1996年12月にチーズ製造を始める。自社牧場の生乳も、チーズ、ヨーグルトなど、製造される乳製品にあった乳質を生産するこだわり。

■香林農園(帯広)

1997年春、開園。日高山脈の麓の大自然にあるチーズ工房。25頭のヤギと牛の生活サイクルに寄り添うスタイル。ヤギチーズはクセが少な目でさっぱりの旨味が味わえます。

■あすなろファーミング(十勝清水町)

1991年12月に開業。自社牧場に加え、牛乳や十勝の乳酸菌を使った乳製品など地元振興に尽力。2019年、自社チーズ工房を開設。

■チーズ工房アドナイ(興部町)

1994年設立。酪農の盛んなオホーツクに面した興部町のチーズ工房。季節や牧場農家の牛乳を生かしたチーズ作りで、お取り寄せでは全国的な人気があります。

見てるだけでもおいしい!海鮮弁当やどんぶり

積丹半島の人気旅館、昨年9月にオープンした旭川空港フードコートの人気店など、北海道ならではの海鮮盛り弁当が登場します。

◇秋華/海のや(積丹町)

価格:1折・5,400円(各日限定20折)

豪快に海の幸を盛り込んだ豪華な海鮮弁当。

◇道産盛り丼/二條亭(旭川)

価格:1人前・3,501円

ぼたん海老、うに、いくらなどがたっぷり!至福の一杯。

◇北海の遊膳/旭川駅立売商会(旭川)

価格:1折・1,782円

かに、えび、ほたてなど、いろいろな味を一緒に味わえます。

プチ旅気分でイートインを!

イートインコーナーでは、できたての味わいも楽しめます。今年オープンした牧場直営人気レストランのステーキどんぶりや、ご当地ラーメンを食べて北海道旅行気分を!

◇白老牛ステーキボウル/ファームレストラン ウエムラビヨンド(白老町)

価格:1人前・2,200円

脂のさらりとした甘みと、赤身の旨みをしっかりと堪能することができるメニュー。

◇旭川醤油ラーメン/梅光軒(旭川)

価格:1杯・851円

動物系と魚介系のWスープで、香りとコクが際立つ旭川醤油ラーメン。

*前半会期(10月6日まで)

◇味噌バターコーンラーメン/麵処 白樺山荘(札幌)

価格:1杯・1,050円

2種の白味噌をブレンドした、深みのある味わい。

*前半会期(10月7日から)

酪農王国・北海道の絶品スイーツもお忘れなく!

◇白い恋人ソフトクリーム/ISHIYA(札幌)

価格:1個・各400円

◇ルタオ サンデードゥーブルフロマージュ&北海道苺/小樽洋菓子舗ルタオ(小樽)

価格:1個・605円

◇かじゅロール/morimoto(モリモト)・(千歳)

価格:・1本・1,201円(約16㎝)

■西武池袋本店

住所:〒171-8569 東京都豊島区南池袋1-28-1

電話番号:03-3981-0111(大代表)

営業時間:10:00~21:00 *日・祝休日は~20:00(不定休)

期間:9月30日(水)~10月13日(火)(前半:10月6日まで、後半:10月7日から)

会場:本館7階(南)=催事場

*最終日は当会場のみ午後4時閉場

ホームページ:https://www.sogo-seibu.jp/ikebukuro/

Facebook:https://www.facebook.com/seibuikebukuro.official

Twitter:https://twitter.com/seibu_ike

LINE:@seibu-ikebukuro

オンラインショップ: https://edepart.omni7.jp/top

[PR TIMES]