「綾小路きみまろ×純烈」中高年の2大アイドルが揃い踏み!

©株式会社ジェイプレス社

(C)日活・チャンネルNECO

日活株式会社が運営するCS放送「映画・チャンネルNECO」で放送中の、中高年のアイドル・綾小路きみまろの冠番組『綾小路きみまろTV(テレビ)』。2020年10月から12月にかけて放送する第28・29・30回に、メジャーデビュー10周年を迎え、NHK紅白歌合戦にも2年連続出場を果たしたムード歌謡コーラスグループ「純烈」がゲストで登場。中高年の2大アイドルが初共演を果たした。

今回の共演は、「ずっと会いたいと思っていた」という綾小路きみまろからのオファーにより実現。鈴木あきえの進行でスタートした「中高年の2大アイドル初対談」では、「若者にはない中高年の魅力は?」、「中高年のお客様だからこそ気を使っていることは?」、「ライブグッズの売れ筋は?」などのテーマに沿ってトークを展開。綾小路きみまろと純烈が、共に中高年から絶大な支持を集める秘密に迫る。お互いに気になる事をぶつけあった質問コーナーでは、きみまろから「衣装はどうやって決めている?」「ギャラの配分は?」「4人は仲が良いの?」などの質問が飛び、普段中々聞くことのできない貴重な話も飛び出した。最後には、「今後の目標」として綾小路きみまろ、純烈がステージでの共演にも言及し、大盛り上がりで対談を終えた。

さらに「クイズ!中高年の気持ち」と題して、きみまろ対純烈のクイズ対決も実現。街ゆく中高年の方々へのインタビューからクイズを出題し、どちらがより中高年の気持ちを理解できているのかを検証する。日頃から中高年のファンの方々と接しているだけの事はあり、自信をうかがわせる両者。クイズでは、純烈の珍解答に対してきみまろが「その発想は出ない、大したもんだ!」と拍手を送る場面も。綾小路きみまろは元祖中高年のアイドルとしての面目を保てるのか?お互い一歩も譲らない大接戦の末、勝利したのは果たして!?エンディングでは「この縁を大切にし、いつの日かステージでコラボレーションしよう」と約束。この日の収録は幕を閉じた。

(C)日活・チャンネルNECO

<綾小路きみまろ コメント>

“純烈は永久に不滅!”

純烈さんとはお客さんの世代が同じで、ある意味ライバルであり同志でもあります。テレビなどでずっと応援していて、この日が来るのを待ち望んでいましたので、共演が実現して本当に良かったです!私からすると純烈さんは眩しい世代。共演してみて、新鮮でしたし、爽やかだし、鮮烈だし、エネルギッシュで「自分ももっと頑張らないとな」と刺激を受けました。何よりも驚いたのは皆さんの背の高さ!(笑)。そして、彼らが私と同じようにキャバレーの舞台を経験している点に親近感も湧きましたし、下積み時代に想像以上に苦労をされていたことも知り、純烈さんの大ファンになりました!純烈さんがステージで毒を吐いても笑って喜んでもらえるのは、お客さんとの関係性がしっかり出来上がっているから。そういったファンの皆さんに愛されている純烈は永久に不滅!純烈さんの数年後の姿が本当に楽しみですし、この先の時代を担っていってほしい!私は年寄りで、あと何年も残されていないので(笑)。コロナが収束し、願いが叶うのであれば、純烈さんのステージにお邪魔してご一緒できたら嬉しいです。

<純烈 コメント>

“きみまろ師匠は赤いブルドーザーであり、道しるべ”

僕らのデビュー曲『涙の銀座線』は、かつてきみまろ師匠が漫談を録音した自作のカセットテープをサービスエリアで配られていた事に影響を受け、本当は『霧の安達太良SA』というタイトルだったんです。レコード会社に「もっと都会的に」と言われて泣く泣く変更しましたが(笑)。ライブをより楽しんで頂くために、きみまろ師匠のCDやDVDで喋りの勉強もさせてもらっていました。そして、きみまろ師匠が全国を回り、中高年のお客さんの地ならしをしてくれていたおかげで、僕らがライブでどんなに毒を吐いてもお客さんに笑ってもらえるんだと思っています。その道を切り拓き、土壌を作ってくださったきみまろ師匠は、僕らにとって赤いブルドーザーであり、道しるべです。そんな大目標であったきみまろ師匠と、こうして同じ空間で同じ時間を共有できた事は本当に幸せで光栄です。きみまろ師匠と純烈の初共演の空気感を視聴者の皆さんに伝播させることができたら嬉しいですし、絶対に見逃さないでほしいです!

『綾小路きみまろTV』 放送情報

■タイトル:綾小路きみまろTV #28・#29・#30

■出演:MC:綾小路きみまろ  ゲスト:純烈 鈴木あきえ

■初回放送:【#28】 10月26日(月)21:00~21:30

【#29】 11月30日(月)21:00〜21:30

【#30】 12月21日(月)21:00〜21:30

『綾小路きみまろTV』公式サイト 

(C)日活・チャンネルNECO