自在に動く“実物大”巨大旅客機セットで撮影! 『フライト・キャプテン』撮影の裏側を公開

©ブロードメディア株式会社

映画『フライト・キャプテン 高度1万メートル、奇跡の実話』ポスタービジュアル(C)2019 Bona Entertainment Company Limited All Rights Reserved.

2018年に中国で起きた飛行機事故を映画化したパニック・アクション作『フライト・キャプテン 高度1万メートル、奇跡の実話』より、メイキング映像が解禁。中国初となる自在に動く巨大旅客機セットなど、迫力の映像の裏側を収めている。

本作は、中国版「ハドソン川の奇跡」とも称された奇跡の物語。1万メートルの高空を飛行中に、操縦室のフロントガラスが破損し墜落の危機に陥った四川航空3U8633便で、極限状態の中乗客を守り抜いた機長やクルーたちの活躍を描く。

国民的英雄のリュー機長を演じるのは、ジョン・ウー監督作『マンハント』で福山雅治とダブル主演を務めたチャン・ハンユー。『インファナル・アフェア』『頭文字D』のヒットメーカー、アンドリュー・ラウ監督がメガホンをとった。中国では建国70周年を迎えた2019年に「中国の誇り3部作」の中の最後の作品として公開され、3週連続で1位を獲得し、7週に渡りベスト10にランクイン。興行収入450億円を突破するメガ・ヒットとなった。

2018年5月14日。重慶市からチベット自治区のラサに向かう四川航空3U8633便。リュー機長をはじめとする9名のクルーは、乗客119名を乗せて飛び立った。当初フライトは順調かに思えたが、地上1万メートルの高空を飛行する中、突如操縦室のフロントガラスにひびが入り瞬く間に大破。副操縦士のチェンの体が外に投げ出される。

辛うじてチェンの体を掴んだリュー機長だったが、氷点下30度の冷風が前方から激しく吹き込み、圧力を失った操縦室は自動操縦も不可能に。激しく揺れる機体に、クルーたちの制止も虚しく乗客たちはパニックとなるが、それはまだ、その先に待ち受ける空前の危機の序章に過ぎなかった―。

今回解禁されたメイキング映像は、リュー機長役のチャン・ハンユーが「2018年5月14日の事故は広く知られています。でも事故が起きた経緯やその過程は知られていません」、客室乗務員ビ・ナン役の女優ユアン・チュアンが「客室乗務員は仕事にどう向き合うのでしょうか。彼女たちは大勢の命を預かっています。どんな旅になるのでしょうか」と語る姿からスタート。

続いて、事故当時実際に飛行機を操縦していた英雄たちが、撮影現場を訪問した時の場面に。現場のセットを見たリュー機長が「本物っぽい」と感想を漏らしたり、彼らが自分を演じた役者たちと交流する様子などが映し出されている。リィアン機長役のドゥー・ジアンは「リュー機長、リィアン機長、シュ副操縦士は風速800メートルの中耐え抜きました。想像を絶します」と英雄たちを称賛。

映像ではさらに、中国国内初となる、連動式で自在に動かすことのできる巨大な実物大の旅客機のセットも披露。技術リーダーのワン・バオボーが「A139の模型を作りました。操縦室も実物大です。国内初の連動式で、誤差は0.1度以下です。自在に動けます」とその出来について自信に満ちた表情で語っている。

映画『フライト・キャプテン 高度1万メートル、奇跡の実話』は10月2日より全国順次公開。