マスク着用拒否したら罰金10万円。NY市

©SEVEN AND EIGHT LLC

mashupNY

ニューヨーク市のデブラシオ市長は30日、マスクの着用を拒否した場合、罰金を科すと発表した。NPRによると、罰金は最高1,000ドル(約10万5,000円)になるという。

市は昨日、新型コロナ検査の陽性率が、6月以来初めて3%!を(MISSING)超えた。感染はブルックリンやクイーンズなど、超正統派ユダヤ教徒が多く住む地域で広がっており、新規感染者の4人に1人は、これらの地区で確認されているという。

デブラシオ氏は、陽性率の7日間の移動平均は1.38%だと強調しつつ、陽性率が再上昇したことに重大な懸念を抱いていると語った。
マスクを着用していない人には、職員が無料で配布するが、着用を拒否した場合、罰金を科す。

市内では30日より、客数を25%に制限することを条件に、レストランの店内飲食が許可された。デブラシオ氏は、飲食店のマスク着用やソーシャル・ディスタンスの取り締まりに関して、感染が再拡大している地域に焦点を当てると語った。

abcニューヨークによると、飲食店の監視は、警察官や感染者を追跡するトレーサーなど計1,000人態勢で実施するという。

なおクオモ知事は10日、行政命令で、地下鉄やバスなどでマスクの着用を拒否した人に50ドルの罰金を科すと発表。新ルールは、14日より施行されている。

1,000ドルの罰金に対しネットでは、歓迎する声のほか、「犯罪者は保釈金なしで、すぐに釈放するのに、マスクを拒否したら1,000ドルの罰金?馬鹿げている」という意見も寄せられている。