観光需要喚起企画相次ぐ 県内、きょう1日高速バスとフェリーの商品発売

©一般社団法人徳島新聞社

 新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ観光需要を喚起しようと、県内外の高速バス会社やフェリー会社などが1日、運賃割引切符や、乗車券と宿泊をセットにした旅行商品などを相次いで発売する。

◆西日本エリアを5日間乗り放題

 四国、西日本、中国のJRバス3社は、運行する主な高速バスが5日間乗り放題となる切符「西日本エリア高速バス乗り放題きっぷ」の販売を始める。

 対象は▽徳島―大阪・神戸▽大阪・京都―金沢・富山▽大阪・京都―広島▽広島―高松▽神戸―出雲▽出雲―博多▽博多―山口など23路線。金沢や京都、広島などの一般路線バス5路線でも利用できる。

 1枚9800円(1500枚限定販売)。出発日を決めた上で購入する。販売期間は12月20日までで、利用期間は10月9日~12月24日。

 県内では徳島駅前の高速バスチケットセンターで販売し、楽天トラベルでも購入できる。購入特典として金沢や広島、出雲などで利用できる定期観光バス乗車券が500円引きになる。

 JR四国バスは「車内の換気機能を向上させるなど新型コロナの感染防止対策を徹底している。安全・安心なバス旅を楽しんで」としている。

 運行情報の詳細はJR四国バスのホームページに掲載。問い合わせはJR四国バス徳島予約センター<電088(602)1090>。

◆大阪・神戸 GoTo対象 宿泊セット

 旅行会社の徳バス観光サービス(徳島市)は、大阪・神戸線の高速バス往復乗車券と、ホテル宿泊をセットにした旅行商品「エディパック大阪・神戸」を売り出す。政府の観光支援事業「Go To トラベル」の対象で、旅行代金の半額が補助される。

 ホテルは大阪が東急ホテルズと阪神阪急ホテルグループ、神戸が東急ホテルズの系列で、いずれも乗降場から徒歩圏内にある。旅行代金の35%が割引され、残り15%は旅先での買い物や飲食などに使える「地域共通クーポン」として付与される。

 徳島駅前、阿南、鳴門の各営業所とタクト店で来年3月末まで販売するが、GoToの適用は1月末まで。ウェブでは扱わない。料金などの詳細は徳バス観光サービスのホームページに掲載している。

◆徳島・高知 施設利用の商品券

 徳島バス(徳島市)とJR四国バス(高松市)、とさでん交通(高知市)のバス会社3社は、徳島-高知間の高速バス往復乗車券と、乗降場近くの施設で利用できる商品券をセットにした企画乗車券を発売する。

 1セット7000円(大人往復のみで小児・学生の区分はない)で、2000円分(500円券4枚)の商品券が付く。大人の往復運賃が6600円なので、1600円が「お得」になる。

 商品券は、徳島駅クレメントプラザと地下1階の飲食店街「徳島駅バル横丁」のほか、高知市の「ひろめ市場」で利用できる。釣り銭は出ない。

 徳島県内では徳島駅前や松茂町の高速バスチケットセンターなどで、来年3月末まで販売する。ウェブでは扱わない。

 問い合わせは徳島バス高速バス予約センター<電088(622)1826>。

◆フェリー 徳島・和歌山 南海半額

 徳島県と和歌山県を結ぶ南海フェリーは、12月31日まで運賃半額キャンペーンを実施する。いずれかの県の施設への宿泊が条件。

 全長6メートル未満の乗用車(運転者込み、車長によって運賃は異なる)と同乗者の運賃が半額になる。5メートル未満の車で同乗者が4人の場合、片道が9200円になる。

 申請には乗船券の控えと宿泊証明書が必要。問い合わせは同社徳島営業所<電088(636)0750>。