桂歌丸さんの形見分けで「円楽との女装写真」 弟子投稿に「すごいお宝」「泣くなぁ...」

©株式会社ジェイ・キャスト

三遊亭円楽さん(2016年撮影)

落語家の桂枝太郎(3代目)さんは、師匠である故・桂歌丸さんと三遊亭円楽さんによる「女装写真」を2020年9月30日に公開した。

歌丸&円楽の女装写真

笑点で数々の「舌戦」を繰り広げてきた名コンビの貴重な写真に「すごいお宝」「泣くなぁ...」と反響が広がっている。

「子供は泣くし...かみさんは怒るし...」

岩手県出身の枝太郎さんは96年6月に歌丸さんに入門し、同年9月には「歌市」の名で前座に。00年に二ツ目に昇進し「花丸」へ改名、09年に真打へ昇進すると同時に、3代目「枝太郎」を襲名した。歌丸さんが生前出演していた「笑点」(日本テレビ系)でもアシスタント経験がある。

枝太郎さんは30日のツイートで「師匠宅の片付け。朝から汗だく。ご家族から『持ってって』と言われて貰って帰ってきたけどどうしよう...」と画像を投稿。そこには、かつての「笑点」で名コンビだった歌丸さんと円楽さんの写真が写っていた。

ただ、歌丸さんはなぜか和装に日本髪の女性姿。円楽さんもショートカットが特徴的な、昭和アイドルのような女装をしている。あまりにイレギュラーな写真だったのか、枝太郎さんも「子供は泣くし...かみさんは怒るし...」と困惑していた。

この貴重な写真を目にしたツイッターユーザーからは「すごいお宝」「泣くなぁ...」などの反響が。また、過去に放送された「笑点」の小道具として同様の写真が登場していることから、その時に使われたものではないかという指摘もあった。

写真をどうするかについては、「立派な額に入れて笑点の控え室に差し入れましょう」「御真影として玄関に飾るべき」と言った声や、「魔除けに欲しい」「ヤフオク辺りに出せばどうですか?」と大喜利のような冗談を言う人もいた。