土屋太鳳、「徹子の部屋」に驚く 「打ち合わせ用の紙に『る~るる♪』と書いてあった」

©株式会社ジェイ・キャスト

土屋太鳳さん(2015年撮影)

2020年10月1日放送のトーク番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に出演した、女優の土屋太鳳さんが、前日の9月30日にインスタを更新し、番組の裏話を明かした。また撮影現場の写真も公開し、ファンから大きな反響が寄せられている。

【画像】徹子の部屋にたたずむ土屋太鳳さん

「徹子の部屋」初めての出演

土屋さんは30日の投稿で「信じられないことが自分の人生に起こっている」「もう本当に...感無量です。感動です」と喜びを爆発させ、「徹子の部屋」への出演を報告した。

土屋さんは黒柳徹子さんに憧れがあるようで、過去のインタビューでは黒柳さんのように「女優の仕事を通していろいろな環境で学校に通えない子どもたちを支援する、といったことに取り組みたい」と話していたそう。

また「こんなにも直接、一対一で御挨拶が出来たり、お話が出来たことは初めて」ということもあり、撮影時は不思議なテンションになってしまったと明かした。

さらに驚いたこととして、「打ち合わせ用に、段取りが書かれてる紙(ここで紹介、御挨拶、これくらいでCMなど)があるのですが、そこにも『る~るる♪』と書いてあった」と、台本に番組のテーマ曲のリズムが記されていたと報告した。

他の番組では「『オープニング』とか『曲』という感じで書いてあることが多い」という。また土屋さんは「実際にる~るる♪が鳴っている間、その音の中にいる自分をもっと噛みしめたかったのですが、当日は緊張しすぎてじっくり聴けなかった」と当時の様子を明かした。

一連の投稿にファンは「徹子の部屋ご出演、おめでとうございます!本当にすごいですね」「徹子の部屋で太鳳ちゃんが見れるなんて」「衣装も似合っていて素敵です!」と喜びの声を上げている。

また「るーるるはそのまま書かれてるんですね!」「る~るる書いてあるのですか!?なんだか心がほんわかしますね」と驚く声も寄せられた。