清原果耶、朝ドラ『おかえりモネ』ヒロイン役に「本当にご縁を感じます」

©ブロードメディア株式会社

2021年前期NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』でヒロインを務める清原果耶

女優の清原果耶が9月30日、宮城県登米市登米町で行われた2021年度前期のNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』の取材会に出席。2015年に連続テレビ小説『あさが来た』で女優デビューした清原は、今回ヒロイン役に抜てきされたことについて「本当にご縁を感じます」と語ったほか、ロケ地となる登米や気仙沼の印象などを明かした。

連続テレビ小説104作目となる本作は、「海の町」宮城県・気仙沼で生まれ育ち、「森の町」同・登米で青春を送るヒロイン永浦百音(ながうら ももね)が、気象予報士という「天気」に向き合う仕事を通じ、人々に幸せな「未来」を届けてゆく希望の物語。脚本家・安達奈緒子によるオリジナル作品で、ヒロインの清原とは2018年放送の『透明なゆりかご』(NHK、主演が清原、脚本が安達)以来のタッグを組む。

清原は「連続テレビ小説『あさが来た』で女優としてデビューしたので、こうして2021年の『おかえりモネ』でヒロインを務めさせていただけるというのは本当にご縁を感じますし、頑張らなければ、と思うのですが、私自身、森林に行く機会はめったになかったので、下見や撮影で足を運んで、自然の余裕というか、自然が私たちに与えてくれる心の穏やかさを感じました。すこやか、という言葉がきれいにはまる場所で撮影できてよかったな、と思っています」と現在の心境をコメント。

続けて「また、エキストラで参加される登米の地元の方たちとお会いして、このドラマにとてもお力を貸してくださっている印象で、ありがたいな、と思いました。気仙沼の方での撮影はまだ始まっていないのですが、一度下見でお邪魔しました。モネを楽しみにしている、と言葉で伝えてくださる方が多い印象で、とても嬉しかったです」とロケ地となる登米や気仙沼で受けた印象を明かす。

そして最後は「活発な漁港の雰囲気や、美味しいご飯など、気仙沼の魅力もたくさん詰め込んでドラマでお伝えしたいです。やはり朝に流れる作品ですので、見てくださった方の心をちょっと温められたりとか、勇気付けられたりするようなドラマを作っていきたいと思っています」と抱負を語った。

また、制作統括の吉永証氏は「来年で、東日本大震災から10年になります。来年の3月を経て、その春から放送が始まるということで、やはり震災の被害にあった土地を舞台にするのがいいのでは、ということになり、色々な場所を取材する中で宮城県を舞台にすることが決まりました」とコメント。

清原の起用理由については「ヒロインが高校卒業したところから物語が始まるので、年齢的に十代後半から二十代前半の方を想定していたことが一つ。そして、清原さんの持つ凛とした雰囲気と、まなざしがピュアなところが今回のヒロインに合うということがありました。脚本の安達奈緒子さんとヒロインのキャラクターを話し合う中で、安達さんご自身も、清原さんがヒロインであれば物語をより豊かにできる、と考えていらしたこともあり、清原さんにお願いすることとなりました」と説明した。

連続テレビ小説『おかえりモネ』は、NHK総合ほかにて2021年春から放送。