『浅田家!』中野量太監督、二宮和也は「人に愛される人たらし」

©ブロードメディア株式会社

映画『浅田家!』日本外国特派員協会会見に登場した中野量太監督 クランクイン!

嵐の二宮和也が主演を務める映画『浅田家!』の日本外国特派員協会会見が9月30日、都内にて開催され、写真家の浅田政志氏と中野量太監督が出席。中野監督が、二宮の「人に愛される人たらし」な部分がキャスティングの決め手であったと明かした。

本作は、浅田氏の『浅田家』『アルバムのチカラ』を原案とした映画。浅田氏が写真を撮り始め、東日本大震災を通して、それでもなお家族写真を撮ることに向き合い成長する姿を、実話をベースにオリジナル要素を加えながら描く。

浅田氏は、自分の家族が映画化され、自身を二宮が演じることの感想を聞かれ「自分の写真集が原案になって映画になるなんてことも、二宮さんが僕を演じてくださるということも本当にただただ信じられないといいますか、光栄というほかにない」とコメント。撮影現場での二宮の様子については「間近で拝見させていただいたんですけれども、スッと本番に臨まれるんですよね。僕のイメージでは台本を事前にすごく読んだり、イメージを作って本番に臨む形かなと思ったら、本当に何気ないまま本番に入るので、その姿にびっくりしました」と振り返った。

浅田氏の実際の写真を現場で再現する際には、二宮の写真に対するこだわりを感じたそう。浅田氏は「パソコンを見せながら写真集と照らし合わせていくんですけど、僕はすごく完璧だと思っていても、『もうちょっとこっちかな』とか『足がちょっとこっち向いてたな』とか、僕が見つけられないほどの微調整をされるんですよね。そういうのを見ていて、本当に細かい色々なところが見れるんだなと思って、驚きました」とエピソードを披露した。

またキャスティングについて聞かれた中野監督は「浅田さんの生き方を聞いていると、ちょっといい加減だったりだらしないところもあったりするんですね(笑)。でも人が寄ってきて、なにかしてくれるんじゃないかなと期待をしちゃったり、愛される感じがあったんです」と浅田氏の内面に触れたうえ、「そういう部分を持っている役者さんじゃないと浅田さんの味は出ないんじゃないか。二宮さんって飄々(ひょうひょう)としているんですが、なんか人に愛される人たらし的なところがあるので、これは浅田政志をやらせたらすごいんじゃないかと思って決めました」と二宮の人間性を評価したうえでのオファーであったことを明かした。

映画『浅田家!』は、10月2日より全国公開。