9月は北・東日本で平均気温高く

気象庁が天候まとめ

©一般社団法人共同通信社

 気象庁は1日、9月の天候の特徴として平均気温が北・東日本でかなり高かったと発表した。降水量は西日本の日本海側で多く、日照時間は西日本の太平洋側と沖縄・奄美でかなり少なかった。

 気象庁によると、南から暖かい空気が流れ込んだ地域で気温が上昇。台風9、10号、前線、湿った空気の影響を受けた地域は降水量が増え、日照時間が延びなかった。

 小笠原・父島は月平均気温が平年より1.3度高い28.8度で、観測史上の最高値を更新。山形県新庄市は平年より2.6度高い22.0度、秋田市と新潟県佐渡市はそれぞれ平年より2.5度高い22.9度、24.6度で観測史上2位の高さだった。