「つぼ湯」入っていたら他人が来た 2人以上で入浴はマナー違反か

©株式会社ジェイ・キャスト

他人同士の場合は、入るにしてもひと声かけるのが良さそう(画像はスーパー銭湯ユーバスRoyal高井田店より提供)

銭湯の「つぼ湯」は2人で入るものではない? ツイッターにこんな疑問が投稿された。つぼ湯とは、通常の広々とした湯船とは異なる小さめの円形浴槽のこと。投稿主がこのつぼ湯に浸かっていたところ、後から他の客が入ってきたというのだ。

これに対し、「つぼ湯の相席はキツい」「このタイプは1人用だなって認識でした」と理解を示す声があがった。一方で、「1人専用と書いてないなら問題ないんじゃない」「別に気にしないけどな」という意見もあり、賛否両論だ。スーパー銭湯2か所に、話を聞いた。

「決まりは設けていない」「1人で入ることを想定」

まず、スーパー銭湯「ユーバスRoyal高井田店」(東大阪市)の担当者は、「1人で入らなければいけない」決まりは設けていないと答えた。

「当店で定めているつぼ湯のマナーとしては、1人ではなくあくまでも『1組』で入ってほしいということです。ご家族や友人同士など、複数人が入ることは問題ありません。ただし、1組10分ほどで交代をお願いしています」

全くの他人同士の場合は、先に入っている人に「入っても良いか確認」するのが望ましいとのことだった。

次に、スーパー銭湯「西部秩父駅前温泉・祭の湯」を運営する西武レクリエーション(埼玉県所沢市)。ここでは、つぼ湯は「1人で入ることを想定」して設計されているという。2人以上で入ってはいけないルールはないが、「基本的には1人で入ってほしい」とのことだ。

銭湯によって細かなマナーの違いはあるものの、つぼ湯は基本的には「1人ないし知人同士で入るもの」と考え、先客がいる場合は順番を待っておくのが無難のようだ。