『24』唐沢寿明、携帯の”CTU着信音”を一時変更「バレないように」

©ブロードメディア株式会社

ドラマ『24 JAPAN』制作発表記者会見にて

俳優の唐沢寿明が1日、都内で行われた10月9日スタートの主演ドラマ『24 JAPAN』(テレビ朝日系)制作発表会見に、共演の仲間由紀恵栗山千明池内博之木村多江らと共に出席した。

本作は、1シーズン(24話)で丸1日(24時間)を描き出すという手法で、主人公の捜査官ジャック・バウアーがテロ事件に立ち向かう姿を描き世界的ヒットとなった海外ドラマ『24‐TWENTY FOUR‐』のリメイク。

オリジナル版のシーズン1をベースに、“日本初の女性総理”誕生への期待が高まる総選挙当日の24時間を克明に描写。唐沢演じる日本版ジャック・バウアー=獅堂現馬が、テロリストによる女性総理候補暗殺計画を阻止するため、そして誘拐された家族を取り戻すために必死で戦う。

この日の会見は、実際に撮影が行われているCTU(テロ対策ユニット)のセット内で、役衣装のまま行われた。もともと唐沢はオリジナル版の大ファンで「いまでもたまに観るくらい。当時から携帯の着信音をCTUの音にしていた」というほど。出演決定から情報解禁までの一時期「妙に意識して、バレないように」着信音を別のものに変えていたが、晴れて情報が解禁され「いまはまた戻しました」とにっこり。「オリジナル版を観ていた人がどういう風に見るのか? 気が抜けない」と緊張感をもって撮影に臨んでいると語る。

仲間は女性初の総理候補・朝倉を演じるが、唐沢と仲間の共演は1月放送のSPドラマ『ハラスメントゲーム 秋津VSカトクの女』に続いてとなる。唐沢は「(SPドラマは)コメディーだったので、その印象が強かったけど、(『24 JAPAN』の現場で)別人のような印象で、すごいなと思いました」と仲間を絶賛。唐沢の言葉を聞いた仲間は「こういう感じでいいのかな? という不安を抱えながらの撮影でしたが、いまの言葉を聞いて、自信をもって最後まで突っ走ろうと思いました」と笑顔を見せていた。

また、唐沢がオリジナル版でジャック以上に大好きな登場人物だという、暗号解読の達人トニー・アルメイダの日本版となる南条巧を演じるのは池内。最近では、インスタグラムやYouTubeでのダンスや家庭菜園の様子が話題を呼んでいるが、共演の栗山は池内を現場における「癒やし系」と語り、唐沢も「実は天然」とうなずく。会見中も池内の発言に唐沢からたびたびツッコミが入り、「24時間自由な時間があったら?」という質問に池内が「玉ねぎの苗植えを…」と語ると、唐沢はすかさず「トニーはそんなことしないから(笑)!」と語り、スタジオは笑いに包まれていた。

ドラマ『24 JAPAN』は、テレビ朝日系にて10月9日より毎週金曜23時15分放送。