JR留萌線 一部存続なら年3億円 どうなる?

©HTB北海道テレビ放送株式会社

JRがバス転換を求めている留萌線。沿線自治体は深川から沼田町までのおよそ15kmだけ存続を目指す方針です。1日JRを交えた会議が開かれたのですが、進展はあったのでしょうか。

留萌線についてJRは赤字を理由に、全線を廃止してバス転換を求める意向を示しています。1日沼田町で開かれた会議には留萌線沿線の4つの市と町のほか、JR北海道の副社長も出席しました。この中でJR側は、仮に深川~石狩沼田間を存続する場合、運行で発生するおそよ3億円の赤字や設備投資費を沿線自治体が負担することなどの条件を示しました。今後、沿線自治体がそれぞれ検討した上で改めて会議の場が持たれる予定です。留萌市・中西俊司市町:「負担は厳しいという状況なので、なかなか結論に至らない。情報提供をしていただきながら、それぞれ判断していくことになる」。