「完全覚醒の時来たり」ハム清宮が描いた完璧同点弾の放物線にパTVも衝撃

©株式会社Creative2

6号ソロを放った日本ハム・清宮幸太郎【画像:パーソル パ・リーグTV】

ファンも歓喜「この打球見ると清宮ってやっぱ化け物なんやなって思う」

■日本ハム 3-2 ロッテ(1日・札幌ドーム)

日本ハム・清宮幸太郎内野手が1日、本拠地でのロッテ戦で会心の同点弾を放った。1点を先制された直後の4回に3試合ぶりとなる6号ソロを右中間へ。完璧な放物線に「パーソル パ・リーグTV」のYouTubeチャンネルも「【清宮完成形に近づく】期待の大砲、完全覚醒の時来たり」とのタイトルで動画を公開し、驚きを表現した。

清宮は「7番・一塁」でスタメン出場。0-1で迎えた4回1死、相手先発・岩下から2ボールからの3球目に来た148キロの直球を振り抜くと、打球は大きな打球音を残し、美しい放物線を描いた。動画では実況と解説が思わず「ゴーンッヌ!」とハモるほど衝撃のアーチだった。

ファンからも歓喜の声が続々。「上品な打球打つよな?もっと打てー!!」「この打球見ると清宮ってやっぱ化け物なんやなって思う」「最近はホントにフッ切れた感じがあるからこのまま伸びて欲しいね。」などと改めて大器の秘めた可能性に惚れ込んでいた。

【動画】パTVも思わず「完全覚醒の時来たり」と断言! ハム清宮の完璧すぎるアーチの実際映像

パTVも思わず「完全覚醒の時来たり」と断言! ハム清宮の完璧すぎるアーチの実際映像【動画:パーソル パリーグTV】 signature

(Full-Count編集部)