初めて石神井公園駅で下車します【駅ぶら04】西武池袋線025

©株式会社エキスプレス

※2020年6月撮影

トップ画像は、石神井公園駅の飯能・秩父側の引き上げ線に駐まる西武鉄道40000系電車。2017年(平成29年)に登場した新型通勤車両。スマイルトレインの後継車です。「S-TRAIN」に使用される編成には「ロング・クロスシート転換車両」を設置。第11回キッズデザイン賞の「内閣総理大臣賞」を受賞しています。

前面展望は、練馬高野台駅を出て大きく左にカーブ。勾配標は下り10パーミル。前回、前々回のトップ画像はこの場所で撮っています。

※2020年6月撮影

スマイルトレインが上り緩行線を来ました。この直後の写真を前回のトップ画像に使っています。

※2020年6月撮影

カーブが終わり直線になります。

※2020年6月撮影

いったん上った先に石神井公園駅が見えました。

※2020年6月撮影

上りと下りの複線にそれぞれシーサス・クロッシングがあります。シーサス・クロッシングが並んでいるのは、あまり眼にしない光景です。

※2020年6月撮影

練馬高野台駅から1.1km。石神井公園駅は島式ホーム2面4線。

※2020年6月撮影

緩行線が島式ホーム上り下りの内側2線です。

※2020年6月撮影

飯能・秩父の引き上げ線があります。トップ画像はさらに望遠レンズで撮ったカットです。練馬駅から石神井公園駅までは複々線でしたが、この駅から飯能駅までは複線になります。それでこちら側にもシーサス・クロッシングがあります。

※2020年6月撮影

ここからは【駅ぶら】カットです。駅名標。

※2020年8月撮影

1915年(大正4年)石神井駅として開業しました。1933年(昭和8年)石神井公園駅に改称。2008年(平成20年)から始まった高架化工事は2011年(平成23年)に完成。2012年(平成24年)下りホームが島式ホーム1面2線で供用開始。2013年(平成25年)西口設置。

上りホーム池袋方面を見ています。西武鉄道6000系電車が急行線を出発して行きました。下りホーム緩行線には東京メトロの車両が停まっています。

※2020年8月撮影

こちらは飯能・秩父方面。時刻は16時半。この日、8月5日はこの石神井公園駅で【駅ぶら】撮影を終了しました。

※2020年8月撮影

筆者は初めて石神井公園駅で降ります。地上階に下りて改札口に向かいました。こちらは西口。

※2020年8月撮影

流石に利用者が多い駅です。まずは中央口に向かいました。

※2020年8月撮影

中央改札の外からです。

※2020年8月撮影

石神井公園駅には地上に2つのバスロータリーがあり、とても広いので驚きました。次回は駅の周囲を紹介しましょう。

【駅ぶら04】西武池袋線026 に続きます。

(写真・文章/住田至朗)

「【駅ぶら04】西武池袋線」一覧