日本自動車メーカー復活の起点は中国―中国メディア

©株式会社 Record China

2020年9月30日、環球網は、新型コロナウイルスの影響で販売が落ち込んだ日本の自動車メーカーにとって、中国が回復の起点になっていると報じた。

記事は、トヨタが29日に発表した8月の世界生産台数が63万4217台で前年同期比6.7%減となり、新型コロナの影響で8カ月連続マイナスとなったものの、減少幅は7月の10.2%に比べると改善したと紹介。日本と中国などの堅調な販売状況を背景に、生産にも回復傾向が明らかに見えてきたと伝えた。

また、トヨタの8月の中国市場販売台数が前年同期比で27.2%増加し、中国で新型コロナの感染が落ち着き始めた4月以降5カ月連続でプラスになったほか、対米輸出も同1.8%増の5万台に達したとしている。

その上で、日本のメディアが「日本メーカーは中国を起点として回復を実現する算段だ」とし、世界の自動車業界が新型コロナで打撃を受ける中で、中国市場が最も早い段階で好転、4月には新車販売台数が前年同期比プラスに転じたと報じたことを紹介。世界最大の市場でもある中国市場における生産、販売の見通しが、自動車業界全体の未来を大きく左右することになりそうだと伝えた。(翻訳・編集/川尻)