グラドル和地つかさ、新事務所に所属「新たな可能性にワクワク」

©株式会社アイ・シー・アイ

和地つかさ

グラビアアイドル・和地つかさ(27)が1日、アイ・エヌ・ジーに所属したことを報告。「新しい事務所で新たな可能性を見つけて活動していけることにワクワクしています!」と意気込んだ。

アイ・エヌ・ジーには、CanCamモデルのほのかなどが所属。グループ会社のつばさプラスには、川嶋あいや水曜日のカンパネラらが所属している。

和地は、2013年に『第4回ミスヤングチャンピオン2013』のセミファイナリストに選ばれた。148センチで90センチのIカップバストを武器にこれまでに17本のDVDを発売。

バラエティ番組では、2016年に出演したフジテレビ系『芸能界煩悩CUP

有吉のドッキリ初笑い!』で「混浴温泉の巨乳リポーター」として登場した際にネットで話題に。その後もテレビ東京系『ゴッドタン』の人気企画「飲み姿カワイイGP」での豪快な飲みっぷりが大反響を受けた。

明るくノリの良いキャラクターで人気を博しており、男性のみならず女性ファンからも”わっち”の愛称で親しまれている。

今後の活動として、10月17日から自身の冠イベントとなる『和地とガチでサシ飲み』オンラインイベントを開催。第1回目はグラビアアイドルの喜屋武ちあきを迎えての生配信を予定している。

和地つかさコメント

アイエヌジーに所属することになりました。新しい事務所で新たな可能性を見つけて活動していけることにワクワクしています!

これからはグラビアはもちろん、バラエティやラジオ、お芝居など幅広く活動していきたいと思いますのでこれからもこれまで以上に応援していただけたら嬉しいです!

◆和地つかさ

1993年、栃木県生まれ。DVD『ふくらみ国宝級』(竹書房)が発売中。