17代目の末裔・織田信成が織田信長を熱演!「正直『僕がやるの?』という感じでした」 

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ東京ほかで10月2日よりスタートする、ドラマ25「歴史迷宮からの脱出 〜リアル脱出ゲーム×テレビ東京〜」(金曜深夜0:52)で、福本莉子演じるギャルでおバカな主人公・谷田純と飯島寛騎演じる同級生の江畑伶人が過去にさかのぼって救う1人目の偉人・織田信長役に織田信成が決定。戦国時代から長年の時を経て、令和でついに17代目の末裔(まつえい)が信長役に初挑戦する。

ドラマは、未来において改竄(かいざん)された歴史を修正するため、必要な暗号(=謎)を、純が制限時間内に解き明かす物語。単体のドラマとして楽しめるだけでなく、謎解きイベント“リアル脱出ゲーム”の仕掛け人・SCRAPが制作した超難解の“謎”がドラマ内で出題され、ニュースアプリ・SmartNewsと連携。アプリ内で視聴者がリアルタイムで回答を入力し、出演者と共に全国の参加者と回答順位を競い合う、視聴者参加型の新感覚ドラマとなっている。

織田は、フィギュアスケート選手として数多くの大会に出場・入賞後、2013年の全日本選手権終了後に現役を引退。現在はプロフィギュアスケーター、コーチ、解説者やタレントとしても幅広く活躍している。今回は、短気で冷血なイメージのある信長とは少し違う、弱気でビビりな信長をちょんまげ姿でコミカルに演じる。

ドラマで信長役を演じることについて、織田は「オファーが来た時は、正直『僕がやるの?』という感じでしたが、何でも挑戦!という思いで頑張りました! 雰囲気は醸し出せたかなと思います。セリフがしっかりあるドラマは初めてだったので、覚えるのに少し苦労しましたが、共演者の方やスタッフの方々の支えもあり、本当に楽しく撮影に臨むことができました!」と堂々と自身に満ちたコメントを寄せた。

第1話は、歴史研究部の部室で暇を持て余している純と伶人の前に、突如“ビル・フジタ”(要潤)と名乗る男が「自分は500年後の未来から来た純の子孫だ」と言って現れる。さらに「歴史改竄サイバーテロによって発生した歴史上のバグを解いてほしい」と頼み込む。さもないとバグによって歴史が改変され大異変が起こり、なんと織田信長も歴史上から消えてしまうという。このままでは信長だけでなく、スターバックスも消えてしまうことを知った純は協力することに。2人は1560年の桶狭間の戦い前日へタイムリープ。果たして2人は暗号を解き、信長を救うことができるのか?