トランプ氏「容体良好」と専属医

異例の入院、数値に懸念も

©一般社団法人共同通信社

3日、米ワシントン近郊のウォルター・リード軍医療センターで、トランプ大統領の病状を説明する専属医(AP=共同)

 【ワシントン共同】新型コロナウイルスに感染し2日に入院したトランプ米大統領の病状について、専属医は3日午前(日本時間4日未明)に記者説明し、「今朝の容体は非常に良い」と述べた。一方、容体に詳しい関係者は3日、健康に関するいくつかの数値が過去24時間、非常に懸念される状況だったとし、今後48時間が重要だと記者団に明らかにした。

 入院は「極めて異例」(CNNテレビ)の措置と言え、病状悪化を懸念する声が出ている。

 専属医は、トランプ氏には過去24時間発熱はないと強調。1日に軽いせきがあったが、これまでに呼吸困難などはなく、現時点で酸素吸入も行っていないとした。

2日、ホワイトハウスからワシントン郊外の病院へ移動するためヘリコプターに向かうトランプ米大統領(ロイター=共同)