北海道地方 5日にかけて大気の状態が非常に不安定

©株式会社サニースポット

前線が北日本から日本海を通り、黄海へのびています。中国東北区には低気圧があって、東北東へ進んでいます。
北海道付近は、5日にかけて低気圧や前線を含む気圧の谷の中で、上空5500m付近には氷点下27度以下の寒気が流入するため、大気の状態が非常に不安定となる見込みです。

北海道の日本海側と太平洋側では、4日夜から5日朝にかけて、雷を伴い局地的に激しい雨が降り大雨となるでしょう。日本海側北部と太平洋側西部では、3日までの雨で地盤の緩んでいる所があり、前線の活動の程度によっては、警報級の大雨となるおそれがあります。大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分注意してください。

<雨の予想>
4日12時から5日12時までの1時間雨量の最大値
日本海側と太平洋側の多い所 30mm
4日12時から5日12時までの24時間雨量
日本海側と太平洋側の多い所 80mm

4日夜から5日にかけて、大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分注意し、竜巻などの激しい突風や落雷、ひょうにも注意してください。