多部未華子、演じた役「全員理解できない」バッサリも監督「それでいい」

©株式会社マイナビ

映画『空に住む』(10月23日公開)の完成披露舞台挨拶が4日に都内で行われ、多部未華子、岸井ゆきの、美村里江、岩田剛典、鶴見辰吾、永瀬正敏、岩下尚史、髙橋洋、青山真治監督が登場した。

同作は作詞家・小竹正人が手掛けた小説『空に住む』(講談社)の実写化作。原作と共に誕生した楽曲「空に住む~Living in your sky~」を三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEが担当し、小説と楽曲が同時にリリースされたことでも話題を集めた。郊外の小さな出版社に勤める直実(多部)は、両親の急死を受け止めきれないまま、叔父夫婦の計らいで大都会を見下ろすタワーマンションの高層階に住むことに。直実の前に現れたのは、同じマンションに住むスター俳優・時戸森則(岩田剛典)で、彼との夢のような逢瀬に溺れながら、仕事、人生、そして愛の狭間で揺れ続ける。

多部は今回演じた直実について「あまり感情が表に出ないというか泣けない女性で、一言では言えないキャラクターなので難しかったですし、『ちょっと、何言ってるのかな?』みたいなこともいっぱいあったんですけど、難しいながらもこういう感じかなと思いながら演じました」と振り返る。

他のキャスト陣たちも演じた役について「わからない」を連発していたため、多部は「各々、わからないなりにやってたんだなということがわかって安心しました。自分自身のことであっても周りのことであっても、100%理解できることはないし、それでも大丈夫だったとおっしゃっていただける監督とご一緒できてよかった」と感謝する。

また登場する3人の女性については、「全員理解できないです」と苦笑する多部。「ちょっとクセありますよね」と表すと、美村も「それぞれなかなか裏のある感じで、極端ですよね」と同意する。多部が「本心がどこにあるのかがわからないということが映画のテーマの一つかと思うくらい、表面に見てるものだけが全てじゃない。3人のキャラクターそのままでしたね」と語ると、美村も「女性陣からしてもなかなかわからない。皆さんに考えていただければと思います」と訴えかけた。

作中では岩田演じるスター俳優の時戸がエレベーターで直実と出会うが、「岩田さんの風貌だと誠実さがにじみ出ているので、つい大丈夫かなと思うんですけど、そうじゃない男性だったらセキュリティボタンを探します」(美村)、「見た目が岩田さんだからいいけど、そうじゃなかったらもう!」(多部)、「怖いですよね。知らない人についてっちゃいけません」(岸井)と行動には散々な評価が。岩田は「どうリアクションしていいかわからない」と苦笑しながら、「ついていかない方がいいんじゃないでしょうか」と見解を示し、「自分が女性だったらこんな出会いはどう思うか?」という質問には「怖いですね。怖い経験だと思うので、ついていかないです」ときっぱり答えていた。

最後に青山監督は「今日わかったことは、これだけ話してもどんな映画かよくわからないだろうということでした。それで僕はいいと思っています」と語る。「最後に僕から言いたいのは、この映画の発するメッセージは『人生は冒険だ』ということです。ますますわかんなくなってきてるとは思いますが、それで結構でございます。楽しみにしてください」とメッセージを送った。