10月は食品ロス削減月間「食品ロス」を減らしましょう!

©株式会社VOTE FOR

■食品ロスとは?
食べ残し、売れ残りや賞味期限切れなどさまざまな理由で、食べられるのに捨てられてしまう食品のことを「食品ロス」といいます。
令和元年10月1日に「食品ロスの削減の推進に関する法律」が施行され、消費者も買い物の仕方や調理法の工夫などで自主的に食品ロスの削減に取り組むことが求められます。

■食品ロスの現状
日本全体では、年間612万トンの食品ロスが発生しているといわれています。この食品ロスの量を国民1人当たりで計算すると、年間約48キログラムにもなります。(注1)
また、世界では、人の消費のために生産された食料のおよそ3分の1にあたる、年間13億トンを廃棄しているといわれています。(注2)

■食品ロスはどこから発生しているの?
日本の食品ロス量年間612万トンのうち、約半分にあたる284万トンが一般家庭から発生しています。(注1)
私たち一人ひとりが食べ物をもっと無駄なく、大切に消費していく必要があります。

■食品ロスを減らすためには?
▽買い物編
・買い物に行く前に家にある食材を確認
買い物をした後に、冷蔵庫に同じ食材があったことに気付き、余らせてしまうケースがあります。無駄をなくすためにも、事前に冷蔵庫や食品庫にある食材を確認するようにしましょう。
・必要な分だけ買って、食べきる
お得なまとめ買いをしたものの、使わずに、期限が過ぎてしまい捨ててしまうことが考えられます。必要な時、必要な分を考えて、使いきれる分だけ計画的に買うようにしましょう。
・陳列棚の手前から取る
食品スーパーで買い物をする際、期限までの期間がより長いものを買おうと、棚の奥から商品を取ることがありますが、すぐ使う食品は棚の手前から取りましょう。期限が短かったり、切れたりすると、お店で返品や廃棄をしてしまうので、お店での食品ロスが発生してしまいます。

▽調理・食事編
・食品・食材は適切に保存する
誤った方法で保存すると、食品の劣化が早くなる場合があります。保存は食品に記載されている正しい方法で行いましょう。
一度に食べきれない野菜は、冷凍や乾燥の下処理をして、小分け保存などをして、食材を長持ちさせる工夫をしてみましょう。
・残っている食材から使い、食べきれる量を作る
新しく買ってきた物を先に使ってしまうと、残っている食材は傷んでしまう可能性があります。残っている食材から使いきるようにしましょう。
また、家族の体調や予定を考えて、食べきれる量を作りましょう。
・作り過ぎて残った料理は、リメイクレシピなどで食べきる。

▽外食編
・食べきれる量の料理をおいしく食べきる
食堂やレストランなどでも食品ロスは発生しています。自分が食べきれる量を注文しましょう。
・どうしても残してしまった料理は、お店と相談して持ち帰ることも検討しましょう。

■こんな取組みもあります
・フードドライブ
フードドライブとは、各家庭で使いきれない、食べきれない食品の寄付を、必要とされる人に寄付する取組みです。
本市では、下記の日程でフードドライブの食品受け入れを実施します。
日時・場所:
・10月23日(金)9時~13時
市役所2階第1会議室
・10月24日(土)9時~12時
市役所危機管理センター3階
※詳細はごみスリムりっとう(広報りっとう折込)、市ホームページをご覧ください。

(注1)…平成29年度統計(農林水産省・環境省)
(注2)…国連食糧農業機関(FAO)「世界の食品ロスと食料廃棄(2011年)」